韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国より米国で親しまれるサムスン電子 企業評価で2位

韓国より米国で親しまれるサムスン電子 企業評価で2位

韓国のサムスン電子が、米調査会社レピュテーション・インスティテュート(RI)が先ごろ発表した「2018年米国で最も評判の良いIT企業ランキング」でインテル、グーグル、マイクロソフト、アップルなど米有名企業を抑え、2位(78.5点)を記録した。

ランキングは、米国内で約2万3000人を対象に実施したアンケートの結果などに基づき、業績、製品・サービス、リーダーシップ、革新、市民意識、業務環境、支配構造(ガバナンス)の7項目を評価し、順位を付けたもの。

トップは唯一80点を超えた米半導体メーカーのエヌビディア(80.3点)。3~10位はガーミン、ヒューレット・パッカード・エンタープライズ、インテル、グーグル、テキサス・インスツルメンツ、アドビ、セールスフォース、ヒューレット・パッカードが入った。上位10社のうち、本社が米国以外にある企業はサムスン電子が唯一。

サムスンに次いで日本のエプソンが18位に入った。 サムスン電子は2015年に1位だったが、16年は2位に、昨年はギャラクシーノートS7の発火事故の影響で5位に転落した。今年は3ランク上昇し、昨年の調査で順位が上だったグーグル、インテル、IBM、マイクロソフトを追い抜いた。IBMは17位、マイクロソフトは24位に順位を下げ、スマートフォン業界でサムスン電子と競合するアップル38位にとどまった。

スポンサードリンク
RIは報告書で「サムスン電子はギャラクシーノートS7の発火事故で危機に陥ったが正式な謝罪で名声を取り戻した。支配構造部門では相対的に点数が低かったが全般的に優秀な評価を得た」と分析した。 また、透明なコミュニケーションと製品・サービスに対する消費者の支持により良い評価を維持したと説明した。韓国で行われたアンケートでは主要グループのうちコミュニケーション能力が最も劣るとの評価を受けるなど否定的なイメージが強いが、これとは相反する結果となった。
http://news.livedoor.com/

今年9月には、米コンサルティング会社、プロフェットが発表した「ブランド・レレバンス・インデックス(BRI)」でサムスン電子が昨年の10位から7位に上がり、4年連続でトップ10入りしている。BRIは米国の消費者1万2694人を対象に299ブランドに対し、愛着度と実生活での活用度、創造性、革新性を基準に「消費者との関連性」を調査したもので、同社は「『これがなければ生活することを想像できない』というほどの魅力、消費者が実生活で依存する水準などに関する評価が総合的に反映された」と説明した。1位は4年連続でアップル。アジアブランドではサムスン電子が唯一トップ10に入り、ソニーが21位、トヨタ自動車が29位、ホンダが31位となった。

韓国の金融機関や大手企業は大半がアメリカと日本に高額配当金を支払っている。サムスンも韓国ではなく、大株主であるコーニングもサムスン電子から巨額の配当金を得ている。みずほ銀行はサムスンに融資する株主でもある。外資系企業であるから、サムスンは純粋な韓国企業ではないわけで、外国人株主にさ支えられる企業でしかない。米国で人気が高いのは株主利益が多い米国であるから、当然と言えば当然だが…。

関連記事

[ 2018年11月11日 19:24 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
なりすまし
サムスンの初期のCMは、日本の桜や大相撲を前面に出してあたかも日本企業のように振る舞っていた。
これに騙されてサムスンは日本企業と勘違いした外国人が多いらしい。
斜めHのヒュンダイもホンダのイメージをパクっている。
チョウセンジンには、恥という概念が無いからヒトモドキと言われる。
[ 2018/11/13 17:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp