韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  20年前のデジャブ?韓国経済不振で日本叩きが始まる

20年前のデジャブ?韓国経済不振で日本叩きが始まる

日韓関係の混乱はとどまるところを知らない。およそ20年前の今頃も収拾がつかないのでないかと思われ事件が起きた。実際、大統領就任予定の金大中氏が国のことを思うと心配で夜も寝られないと発言している。 その時期、4年間もソウルに駐在し何度も青瓦台(大統領府)や、漢江の南側の国家行政新都市の財政経済院(大蔵省)に呼ばれたので、当時を鮮明に覚えている。

韓国大統領選挙の年、1997年はアジア通貨危機の年となってしまった。通貨危機の原因は米国が短期金利であるFFレートを引き上げたことによって、新興国に向かっていた世界の資金が一斉に米国に戻り始めたことによる。それを知って、投機筋は弱い通貨を狙い撃ちし、結果としてインドネシアは政情不安と相まって、ジャカルタから危機の狼煙が上がってしまった。当時、外貨準備の不足から韓国問題も囁かれていたが、続いて危機が伝播したのはタイとなった。IMF(国際通貨基金)の介入が危機対策のモデルとなってしまい、現在ではこのスキームに対する批判もあるが、当時はカムデウッシュ専務理事のもと危機対応がなされたていた。

この初冬の季節、大統領選挙が終わって年明けに正式就任となる金大中新大統領をあらゆる危機が襲ったのだ。上髭下髭をとっても、1ドルが900ウォン程度であったのが短期間で2500ウォンまで急落したことで、韓国に改めて危機感が走った。日本でいえば、今日、明日に1ドル300円となったようなものだろう。

スポンサードリンク
当時、日本で買えば10万円程度するデュポンのライターと万年筆を為替の下落に価格の変更が追い付かなかったようで、手持ちの円を韓国ウォンにかえて3万円で買った記憶がある。ソウルの高級店での話だ。 韓国では人々は驚き、困り果て、何をしてよいのかという状態のなか、外貨不足と大不況という混乱の旧正月を迎えたのだが、そのころ正式にIMFの管理下入ってしまった。その時期、IMFの下に入るのは恥だという意見が多く、老婆が退蔵していた金を国に寄付する話などがあちこちで紹介されたが、結果的にIMF体制となってしまった。
http://wedge.ismedia.jp/

長文なので続きは上記アドレスからご覧ください。
今回の最高裁での異常判決は、何らかの理由はあるが、むしろ国民がこの判決で日本に批判の目が向くことで、米国の金利上昇で最初の影響を受ける国、韓国経済の不調から国民の関心をそらすための判決とも見て取れるとしている。さらに、韓国からは、年間に700万人以上が来日しているとし、じつに国民の7人1人が毎年日本を訪問している勘定になる。嫌日でも親日でもないが知日派が多数生まれている。彼らが、真実を感じ始めている気配があるとしている。

普通に考えても、中国人よりも日本を訪れる韓国人が多いというのは異常値を超えている。また日本企業は彼らに職を与えるチャンスを作り、一方で日本政府は異常判決に遺憾の意を示しても、完全無視をまだしていない。戦争責任を果たした日本である。社会情勢も前回の通貨危機時と状況は大きく違う。日本も韓国にかまっている暇はない。にもかかわらず安倍政権は韓国利用をどう考えているのか明確にしていない。しかし裏では次第に動きを加速するだろう。

関連記事

[ 2018年11月14日 08:37 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
20年前というが
韓国の対外交渉は「3歩で忘れる鳥頭」だから、
20年前の金大中がこうだったといっても、
何のインパクトもないだろう。
むしろ、20年前と現在の類似性を見るほうがいい。
共通するのは民族統一を是とし、「親北」を是とし、
目標達成にはいくらでも常識ハズレがまかり通る。
という行動規範。これは金大中も同じ。

20年前と違うのは、韓国には成長の伸びしろが
ないこと。一般庶民の閉塞感はたいへん厳しいと
思われる。

ライターは「経済不調でも年間に700万人以上が来日」
という不思議でしめくくっている。こう書く意図は、
韓国庶民の生活はどうでもいい、無関心でいい、
韓国社会の上下格差など、どうでもいい、という
ことだろう。実際、大多数の日本人がこうだ。
米国人も同じだろう。
[ 2018/11/14 11:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp