韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  米中貿易戦争は2年以上続く…中間財輸出の韓国企業に打撃

米中貿易戦争は2年以上続く…中間財輸出の韓国企業に打撃

スウェーデンのボルボ自動車本社は8日、自動車生産計画を変更した。米国で10月から生産を始めた中型セダン(S60)生産ラインをわずか1カ月で停止し、中国で生産する中型SUV「XC60」の米国輸出も中断すると発表した。また、中国産最高級セダン(S90)の米国輸出も大幅に縮小することにした。ボルボ自動車のアンダース・グスタフソン北米市場総括首席副社長は「米中貿易紛争で収益率が落ち、生産構造の変更が避けられなかった」と述べたと、ブルームバーグ通信は報じた。

米中貿易問題の波紋が広がっている。専門家らは両国の通商摩擦がしばらく続くと予想した。韓国貿易協会が12日、ソウル三成洞(サムソンドン)インターコンチネンタルソウルで開催した国際フォーラム「米中間選挙結果評価および米中通商紛争展望」でだ。 こうした分析は最近の両国の雰囲気を考えると意外だ。中国の習近平国家主席は1日、トランプ米大統領と電話会談をした。7月に米中貿易戦争が始まって以来初めてだ。習近平主席は電話で「両国間の経済貿易分野で一連の葛藤があったが、中国はこれを望まない」と話した。その直後、トランプ大統領はツイッターで「習近平主席と非常に良い電話会談をした」とコメントした。

しかし国内外の専門家は米中通商摩擦が今後、少なくとも2年は続くとみている。中国所在のコンサルティング会社トリビアムチャイナのアンドリュー・フォルク代表は「米国の現在の通商政策はワシントンで超党派的な支持を受けるほぼ唯一の分野」とし「(聴衆の期待を裏切って)申し訳ないが、米中通商紛争は早期に解決策を見いだすのが難しい悲観的な分野」と述べた。

スポンサードリンク
民主党が下院の多数党になった最近の米中間選挙の結果も通商紛争の緩和には特に影響を及ぼさない見通しだ。米シンクタンク「ケイトー研究所」のダニエル・アイケンソン理事は「伝統的に民主党は中国に対する保護主義貿易を擁護してきたため、米下院の変化が米中貿易紛争の緩和につながるとは考えにくい」と述べた。
https://japanese.joins.com/

専門家によると、米側が単なる貿易赤字の削減を求めているのではなく、中国の経済的、軍事的膨張を止めようとしており、米中両国による「覇権」争いの色彩を強めているからと言う指摘もある。ロイター通信は、トランプ政権が対中政策で一段と強硬姿勢を取る可能性を示唆したとし、特に注目されるのは、中国の経済的な成長が軍事的な伸張とリンクしているとの見方を明確に示し、中国の経済的な対応について、米国が「違法」と見る範囲内の行為の撤回を求めていることだと伝えている。中国の対米黒字が減少しても、それだけで米中間の和解が進む可能性はかなり低下しているとも指摘している。

米中の経済的な緊張が長期化すれば、世界経済への下押し圧力も継続するわけで、日本とて影響は避けられない。トランプの中間選挙は、結果勝利とはいえ、ねじれたわけで、自身の結果重視はより加速するだろうし、自国民にも求められるだろう。そんな中で日本の立ち位置はさらに重要となる。日米協力の下で推進されるのか、日中はさらに寄り添うのかは、アジアのリーダー国である日本は、米中の間でどれだけコントロールできるかにある。

関連記事

[ 2018年11月14日 09:59 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
ボルボは中国資本
ボルボが中国の吉利汽車に買収されたのは2010年、
中国資本が欧米技術で作って米国へ輸出、これは
トランプの一番の排斥ターゲットでしょう。
韓国メディアが引き合いに出すのはかなり勘違い。

中国には出せなくなっても、世界には中間財を
買う国はいろいろある。韓国メーカーには標的市場を
切り替えるという問題だ。
但し、米国が韓国を排斥するのは別の理由がある。
[ 2018/11/14 13:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp