韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  米国系ヘッジファンドのエリオット「現代車の保有現金を株主に」

米国系ヘッジファンドのエリオット「現代車の保有現金を株主に」

米国系ヘッジファンドのエリオットマネジメントが今度は現代車グループに超過資本の株主還元を要求した。エリオットマネジメントは14日、現代車・起亜車・現代モービスの取締役にこうした内容を含む書信を発送した。 エリオットはコンウェイマッケンジーにコンサルティングを依頼し、現代車グループ主要系列会社が超過資本状態だと主張した。コンウェイマッケンジーの報告書は▼現代自動車8兆5833億-9兆9053億ウォン(約8580億-9900億円)▼現代モービス4兆1554億-4兆6226億ウォンの余剰現金が存在すると分析した。結局、多くの資本が非営業用資産とされ、株主に配当形態で還元する資金が少ないという主張だ。

ただ、エリオットは14日現在、余剰現金を算出する過程で、現代車・現代モービスが今年投入する現金を計算した方式を明確に説明できずにいる。コンウェイマッケンジーも「今回の報告書は公開された財務データを基礎とするが、米国公認会計士協会基準で調査・検討を実施しなかった」とし「投資決定の根拠にならない報告書」と明らかにした。 また、エリオットは現代車グループは非核心資産への投資が過度に多いと主張した。例えば現代車グループはソウル三成洞(サムソンドン)旧韓電社屋不動産に10兆5500億ウォンを投資した。エリオットは「すべての非核心資産を戦略的に検討すべき」と要求した。さらに支配構造改編過程で現代車グループの疎通が不足していると指摘した。支配構造改編過程をエリオットなど他の株主と協業すべきという要求だ。

スポンサードリンク
このほか、現代車グループ系列会社の取締役会に独立的な社外取締役を追加で選任することを提案した。結局、一部の株主に友好的な社外取締役を通じて取締役会で自社株買いなど株主配当を拡大するという意図と解釈される。 KB証券のカン・ソンジン研究員は「この書簡は今後開かれる可能性がある現代車株主総会で、エリオットマネジメントが株主を説得して有利な立場になろうという作業」と解釈した。エリオットの要求案に対し、現代車グループは「公式的な立場はない」と短く答えた。
https://japanese.joins.com/

内部留保金につながる話ですが、中央日報は外資系企業において現金保有が20兆円規模であることを公表し、昨年より増えたとしている。経済低迷で流動性のある現金保有を増やしている傾向と言うわけだが、特に外資系企業では、株主還元は重要な業務であるわけで、株主からすれば現金保有が増える或いは、やたら投資が多いなど、様々な内部留保におけるデーター開示を実施している中で、説得性に欠ける様な部分をエリオットが突っついたという事だろう。

企業が低迷になるほどに大株主からの要求は強くなる。経営者にとってはつらい部分でもある。財閥企業となると不正も多いわけでなおさらだろう。

関連記事

[ 2018年11月14日 18:42 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp