韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国時価総額6位のサムスンバイオ株、粉飾会計で売買停止

韓国時価総額6位のサムスンバイオ株、粉飾会計で売買停止

韓国の証券先物委員会がサムスンバイオロジクス(以下、サムスンバイオ)の会計基準の変更について故意の粉飾会計という結論を出し、同社を検察に告発することにした。これを受け、時価総額22兆ウォン(約2兆2000億円)にのぼる国内6位のサムスンバイオ株が売買停止になったのに続き、上場廃止審査まで受けることになった。

証券先物委員長を務める金容範(キム・ヨンボム)金融委員会副委員長は14日、政府ソウル庁舎で開かれた証券先物委員会の定例会議の後に記者会見を開き、「サムスンバイオが2015年に会計原則に合わない会計処理基準を恣意的に解釈して適用し、これを故意に違反したという結論を出した。粉飾規模は4兆5000億ウォン程度」と明らかにした。証券先物委員会はサムスンバイオの2014年会計処理を「重過失」、2012年と2013年の会計処理を「過失」と判断した。

これに先立ち金融監督院は監理を通じてサムスンバイオが2015年末に子会社サムスンバイオエピス(以下エピス)を従属会社から関係会社に変更したのが故意の粉飾会計に該当するとみて証券先物委員会に重い懲戒を要求した。当時の会計処理変更でエピスの企業価値は2905億ウォンから4兆8806億ウォンへと大幅に増加した。これを受け、サムスンバイオも2011年の設立から4年連続で赤字を出した企業から、1兆9000億ウォンを超える黒字企業に変わった。

スポンサードリンク
証券先物委員会は「金融監督院の要求は穏当」という結論を出し、サムスンバイオを検察に告発する一方、代表取締役解任勧告および課徴金80億ウォンを賦課することにした。これに関連し、検察や金融監督院が2015年の旧サムスン物産と第一毛織の合併過程についても捜査または監理をするかどうかが注目される。旧サムスン物産の株主は「当時サムスンバイオの価値を膨らませながら親会社であり李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長の持ち株比率が高かった第一毛織の価値も共に膨らませたことで、サムスン物産の株主が被害を受けた」と主張している。
https://japanese.joins.com/

日本経済新聞は、韓国金融当局は14日、サムスングループのバイオ会社の会計処理に不正があったと認定した。同社株を当面、売買停止とする。問題の会計処理は李在鎔サムスン電子副会長の支配力が強まるようにグループを再編するためだったとの見方があるとし、経営継承を巡る論議が再び強まる可能性があると報じている。サムスンバイオロジクスを巡っては当時、製薬子会社だったサムスンバイオエピスの企業価値を3兆ウォンと見積もりながら、自らの株式公開をにらんで8兆ウォンと虚偽の評価を政権側に報告した疑いが最近浮上した。「多額の利益を計上したことは間違いで取り消されなければならない」と結論づけたとしている。

米エリオット・マネジメントなど一部のサムスン物産の株主は「合併比率が李氏ら創業家に有利になるように不当に設定されている」と合併計画に反対した。サムスン物産の臨時株主総会では、株主から合併に必要な3分の2をわずかに上回る賛成しかなかった。サムスンは臨時株主総会で、バイオ事業の成長力を理由に合併比率の正当性を訴えた。仮にバイオエピスの企業価値を不当に高く見積もった上で合併比率を決めたのだとすれば、虚偽の説明をした疑いが生まれると伝えている。次第にサムスンの経営権継承の裏が暴かれ始めた。いずれ資金の流れも明確になるだろう。

関連記事

[ 2018年11月15日 09:24 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp