韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  富士ゼロックス、来年3月末に韓国工場を閉鎖

富士ゼロックス、来年3月末に韓国工場を閉鎖

日本の大手事務機器メーカーの富士ゼロックスが韓国・仁川(インチョン)工場を2019年3月末に閉鎖することを決めたことがわかった。 日本メディアによると、富士ゼロックスは日本国内外で1万人の職員を構造調整する政策を推進中だ。その一環として、韓国職員のうち大部分を解雇するものと予想される。職員180人に協力会社の職員まで合わせると、350人余りが仁川工場閉鎖の被害を受けるものとみられる。

仁川富士ゼロックス工場は1975年に建てられた。当時、韓国同和(トンファ)産業50%、日本富士ゼロックス50%の折半出資で設立された。1998年日本富士ゼロックス側が株式の100%を取得して富士ゼロックスの子会社になった。仁川工場では小型コピー機などを生産している。

一方、韓国日刊紙「世界日報」によると、富士ゼロックスコリアの労働組合は仁川工場閉鎖に反対する立場を示した。報道によると、労働組合は「絶対反対要請文」で「今年はじめ、労使間の自主的な組織スリム化を通した構造調整で、次段階では『構造調整はない』という確約を得ていたのに、今のような事態が発生して会社を信じることはできない」という立場を明らかにした。
https://japanese.joins.com/

スポンサードリンク
富士ゼロックスは人員削減や拠点の統廃合などの構造改革を進めており、その一環として海外での生産体制を見直す。海外の量産工場を3カ所に集約し、収益性の改善を狙うとしている。日本国内外で1万人を削減することを柱としたリストラ策の一環で、約180人の韓国工場の従業員の多くは解雇になる見通しだ。親会社の富士フイルムホールディングスが1月に米ゼロックスの買収計画を発表した際、同時に富士ゼロックスのリストラ策を打ち出した。その後、米ゼロックスの買収計画は暗礁に乗り上げたが、ペーパーレス化などで経営環境が厳しくなっているとして、リストラ策は予定どおり進めるとしている。

一方台湾には台湾ゼロクスがあり、私は指導経験がある。当時40代後半だったころ、社長は私より3~4年上で、日本人スナックで一緒に肩を組んで歌ったのを覚えている。台湾ゼロック労働組合の組合長によれば、労資双方は2017年6月から団体協約による交渉をし始めたが、そのとき主に台湾北部五股と龜山に位置する富士ゼロックス工場移転の問題について交渉した事で、台湾の富士ゼロックスの労働者が2018年10月23日から無期限ストライキ突入している。韓国よりは台湾ゼロックスのほうが大騒ぎの様だ。

関連記事

[ 2018年11月17日 12:40 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp