韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  徴用工勝訴で日本企業撤退、投資減少…韓国、経済への影響不安視 

徴用工勝訴で日本企業撤退、投資減少…韓国、経済への影響不安視 

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は徴用工問題について「韓日請求権協定で解決済み」とする一方、「個人と企業間では個人請求権が存在するというのが韓国最高裁の判断」とし、「司法の判断」を尊重する姿勢を示してきた。その最高裁が徴用工訴訟で原告勝訴の判決を下したことで、文在寅政権の韓国は、日韓国交正常化の根幹ともいえる請求権協定も否定することになった。

1965年の国交正常化以降、築いてきた日韓関係は崩され、根底から揺らぎ始めた。韓国では判決に対する日本の政財界の反応を気にしたような報道が多い。特に不安視しているのは経済への影響だ。堅調な日本経済に比べ韓国経済は低迷から抜け出せず見通しも暗い。韓国としては外交に加え、経済での対日関係悪化は避けたいところだ。回復の兆しを見せ始めた訪韓日本人観光客の再激減もあり得る。それよりも韓国が心配するのは、日本企業の韓国離れだ。韓国では日本企業の撤退や投資減少に対する懸念がメディアや財界の間で強い。経済への影響拡散で多くの実害が出ることも心配されている。

だが、韓国は司法判断により、自らそれを現実化へと導いてしまった。日韓関係が取り返しのつかない危機に陥る可能性さえある。韓国外務省報道官は30日の会見で「今回の判決が韓日関係に否定的な影響を及ぼさぬよう両国の知恵を集める必要性を日本側に伝えている」と指摘。韓国政府の立場について「判決を機にさまざまな検討がなされる予定だ」と述べた。

スポンサードリンク
文大統領は歴史認識と経済を切り離す日本との“ツー・トラック外交”を掲げている。また、小渕恵三首相と金大中大統領(いずれも当時)が発表した「日韓パートナーシップ宣言」から20周年の今年を機に、未来志向の日韓関係を志向している。韓国は今後、日本に何らかの歩み寄りをするかもしれない。だが、国家間合意を平然と覆す国の主張は、日本にはこれ以上通じない。未来志向どころか慰安婦問題同様、徴用工問題での誤解が国際的に拡散しかねない事態となっている。
https://www.sankei.com/

河野太郎外相が、強制徴用被害者に個人請求権があると認めたと言うのも本来の事をややっこしくするだけである。日本政府の賠償により解決済みとするわけで、個人においては韓国内で対応するべし。と答えないできたツケでもある。野党にも責任があるだろうし、よからぬ与党議員の責任も大きい。解決済みの協定と条約であるから、今回人物がどんな連中であろうと、韓国内の問題で処理するべきと答えなかった河野外相にも問題はある。

韓国と言う国の特性上、理解しやすく答えない限りは無理である。また反日攻勢をかけられるだけである。過去に個人の賠償した事例があるだけになお問題となる。そういう事が無いように徹底するべきこと。戦争責任は終了したのだから、後はその韓国内での対応としないと戦後何年経過しても韓国は同じことを要求し繰り返す。それだけ汚い連中であるから、しっかりと与野党は韓国対応においての意思を統一願いたいものであるが…。

関連記事

[ 2018年11月18日 08:45 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp