韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  シンガポール建設現場で文大統領「やはり韓国の技術が世界最高」

シンガポール建設現場で文大統領「やはり韓国の技術が世界最高」

東南アジア諸国連合(ASEAN)関連の首脳会議に出席するためシンガポールを訪問中の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が15日午後(現地時間)、韓国の大企業と中小企業が共同で建設中の地下鉄路線トムソンラインの一部、2兆ウォン(約2000億円)規模のビル型車両基地建設現場を訪問した。

ノータイ姿で現場を訪問した文大統領は白い安全帽をかぶって現場を見回った。特に無災害達成中という報告に文大統領は笑顔で拍手を送った。 その後、文大統領は激励の言葉で「私は海外を訪問するたびに建設関係のみなさんのおかげで誇りを感じる。ドバイでは超高層ビルに、インドでは我々が建設した地下鉄にモディ首相と一緒に行った」とし「いま出席しているASEAN関連の行事場所、私が宿泊しているホテルも、我々の企業が建設したと聞いた」と述べた。

続いて「今日、建設現場を訪れながら我々の建設技術はやはり世界最高という誇りを改めて感じる」とし「地下鉄は荷重のため複層車両基地が難しいと聞いたが、みなさんの技術で世界初のビル型車両基地を建設する。本当に誇らしい」と語った。 2024年の竣工目標達成を祈った文大統領は「みなさんの汗と努力が世界建設史に大きな足跡を残す。また、シンガポールと韓国の経済協力の象徴として長く記憶されるだろう」と強調した。

スポンサードリンク
文大統領は「海外建設は我々の経済に大きく寄与する。韓国人特有の勤勉、誠実と技術力、徹底した工期遵守が世界各地で認められ、あちこちで立派な成果を残している」とし「しかし最近は海外建設市場での競争が厳しい。中東建設市場が冷え込む中で低価格受注と技術競争が激しくなっている」と話した。 文大統領は海外建設戦略と対応策として市場の多角化と企業の海外同伴進出、海外建設の高付加価値化を提示した。 新南方政策の核心経済協力分野としてインフラを強調した文大統領は「建設関係者のみなさんが率先することを望む。政府も外交的な努力を通じて積極的に支援する」とし「来年、韓・ASEANグローバルインフラファンドが始まる。2022年までに1億ドルを追加して支援する」と説明した。
https://japanese.joins.com/

シンガポール:と韓国は1975年8月に国交を樹立し、建設分野での交流が活発で、チャンギ国際空港を含めた多くの主要建築物の建設に、韓国の建設会社が携わっている。2010年時点での韓国の対シンガポール輸出は152億4420万米ドル、シンガポールの対韓輸出は78億4953万米ドルに達しており、韓国にとってシンガポールは第5位の輸出国、第14位の輸入国となっている。またシンガポール政府投資公社は、1999年にシグマタワー、2000年にプライムタワーとソウルファイナンスセンター、武橋ビル、コーロングビル、2005年には江南区駅三洞のスタータワービルといった具合に、大型不動産を相次いで買収している。

一方シンガポール:と日本はと言うと、シンガポールの急速な発展とともに経済関係は緊密になり、1995年4月28日に租税協定、2002年11月に日本にとって初となる「日本・シンガポール新時代経済連携協定」を発効している。日本はシンガポールにとって第6位(2010年)の貿易相手国となっており、シンガポールは日本の第3位(2010年)の直接投資国になっている。

関連記事

[ 2018年11月18日 12:21 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp