韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  「日産復活」導いたカルロス・ゴーン会長、日本で逮捕

「日産復活」導いたカルロス・ゴーン会長、日本で逮捕

日産自動車のカルロス・ゴーン代表取締役会長(64)が自身の報酬を過少申告した疑いで日本で逮捕された。19日の日本メディアによると、東京地検特捜部はゴーン会長を金融商品取引法違反の疑いで逮捕した。ゴーン会長が自らの報酬を自社の有価証券報告書に虚偽記載したという。同社のグレッグ・ケリー代表取締役(62)も同じ容疑で逮捕された。

NHKなどによると、日産自動車の有価証券報告書に記録されたゴーン会長の報酬は2014年度から2016年度まで10億円を超えていたが、翌年の2017年度には7億3500万円に減った。NHKなどはゴーン会長の2017年の報酬について「直前の最高報酬(2016年度)の10億9800万円から3割ほど減少した金額」と伝えた。結局、減額(3億6300万円)分ほどゴーン会長が報酬を過少申告したということだ。東京地検特捜部はこの日、横浜市にある日産自動車本社を家宅捜索した。

これに関し日産自動車は「検察に積極的に協力した。ゴーン会長が会社の資金を流用するなど複数の重大な不正行為があった」とし「その間、内部告発で数カ月間にわたりゴーン会長の不正行為を調べてきたが、ゴーン会長は実際の報酬より少ない金額を有価証券報告書に記載していた」と明らかにした。日産自動車の経営陣側は「ゴーン会長の解任を取締役会に提案した。また、ゴーン会長の不正行為に深く関与したグレッグ・ケリー代表取締役の解任案も建議する計画」と伝えた。

スポンサードリンク
仏ルノーの副社長だったカルロス・ゴーン会長はルノーの日産自動車買収をきっかけに1999年、日産自動車の最高執行責任者(COO)に任命された。翌年に社長に昇進した後、4200億円ほどの資産を売却し、全体社員の14%(2万1000人)を削減するなど大々的なリストラを通じて日産を復活させた。当時、「コストキラー」「コストカッター」などと呼ばれた。
https://japanese.joins.com/

2011-05-13-nissan-2.jpg

日産の稼ぎ頭は、米国日産だ。7月26日に発表した18年4~6月期連結決算は、純利益が前年同期比14%減の1158億円。完成車検査の不正の影響が国内で出たほか、米国の販売不振が誤算となった。またフランス自動車大手ルノーが27日発表した2018年1~6月期決算は売上高が前年同期比1%増の299億5700万ユーロ(約3兆8700億円)、純利益が18%減の19億5200万ユーロだった。営業利益は伸びたが、43%を出資する日産自動車の米国事業の不振などで「持ち分法投資利益」が減った。

今まで日産技術がルノーを助けている構図があった。日産技術者がルノーに出向いたりと散々な事情もある。日産はルノーから独立したい思いが強いが、今回の事件でとどめ打ちとなりかねない。また日産に大きな不利益といて降りかかる。脱カルロス・ゴーンとルノーに15%を出資する筆頭株主のフランス政府は統合を求めており、独立性を維持したい日産側は警戒感が漂っている。

関連記事

[ 2018年11月20日 08:37 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp