韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  一度も暴落ない不動産不敗の韓国、近いうちに危機がくる

一度も暴落ない不動産不敗の韓国、近いうちに危機がくる

「韓国不動産市場のように一度も大きな暴落を経験していない事例は世界的に非常に珍しい。10年間続いた低金利時代が終わって訪れる危機は不動産市場で発生する可能性が高い。韓国の投資家は不動産危機に対応する必要がある」。 オハド・トポーTCKインベストメント会長兼最高投資責任者(CIO)の警告だ。韓国を訪問したトポー会長に16日、ソウル光化門(クァンファムン)TCKインベストメントソウル事務所で会った。 TCKインベストメントは2012年に設立された投資顧問会社だ。世界的な投資専門家ハワード・マークス・オークツリーキャピタル会長とトポー会長が共同で設立した。英国と韓国に事務所がある。以下はトポー会長のインタビュー内容。

--今は危機に備えなければいけない時期なのか。
「TCKインベストメント共同創業者、ハワード・マークス会長が述べた言葉がある。危機を予測することはできない。しかし危機に備えなければいけない。いろいろと分析をしてみた結果、近いうちに危機が訪れるのは確実だ。正確な時期を予測できないだけだ。過去10年間、世界は低金利基調を維持してきた。低い利子で融資を受け、以前になかった多くの事業と投資が生じた。ここで見えない不均衡があった。金利が上がればあちこちでこのようなバブルが崩壊することになるだろう。このような危機状況が到来すれば、韓国は打撃を受けることになっている。特に不動産がそうだ」

スポンサードリンク
--韓国には不動産不敗神話があるが。今でもソウル江南(カンナム)のマンション分譲には多くの韓国の投資家が集まっている。
「私は韓国不動産市場の専門家ではない。ただ、世界を対象に投資しながら各国の不動産市場を見てきた。ほとんどの国は不動産バブルが崩壊した経験を持つ。日本も1990年代の不動産バブル崩壊からまだ完全には回復していない。他の国とは違い韓国は不動産暴落を経験していないが、金利が大幅に上昇したことがなかったからではないかと思う。不動産で大きなバブルがあちこちで見られる。韓国の話ではなく世界不動産市場のことだ。低金利時代が終わって訪れる次の危機は不動産市場で発生する可能性が高い。韓国だけでなく全世界で不動産危機を目撃することになるだろう。特に韓国は危険だ。韓国不動産市場が多角化されていない。似た傾向の投資家が似た水準の資金を持って似た不動産を持っている。これが同時に売りに出されれば売れるだろうか。不動産は急落するしかない」
続きはこちら https://japanese.joins.com/

韓国不動産経済を支えるのは、自国民の家計負債となる。韓国は家計負債の割合が高く、バブルが弾けると直ちに家計が打撃を受けて消費低迷がくるという点から、潜在リスクは非常に大きい。韓国は、北朝鮮との緊張が最高に達した昨年は、リスクはなんのそのと不動産バブルが続き、やっと融資抑制策の効果もあり、ブームから一転し、南北和解で逆に不動産価格が下げに転じている。

不動産仲介会社仲介する銀馬アパート76平方メートルタイプは、今年初めに16億ウォン前後で取引されたが、最近では14億ウォン台で売りに出ている。江南だけではない。ソウル不動産広場によると5月のソウルのマンション取引量は5540件で前年同月の1万194件から半分水準に減少した。譲渡所得税重課、貸付規制など政府政策が相次いで市場に影響を及ぼして取引が減り住宅価格が落ち込んでいる。

関連記事

[ 2018年11月20日 19:44 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp