韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  外国人投資家再び「セルコリア」…7取引日連続で売り越し

外国人投資家再び「セルコリア」…7取引日連続で売り越し

今月初めにしばらく買い傾向を見せていた外国人投資家が再び韓国株を売っている。米国証券市場の下げ幅が大きくなり国際原油価格が急落するなど世界的な景気低迷の懸念が大きくなったためと分析される。韓国企業の業績見通しも下方修正されており、韓国証券市場が「内憂外患」に陥ったという診断が出ている。

KOSPI指数は21日に6.03ポイント(0.29%)下落した2076.55で引けた。取引時間中には32.82ポイント(1.57%)安の2049.76まで下がった。外国人投資家が3905億ウォン(約390億円)相当を売り越して指数を引き下げた。機関投資家は3271億ウォン、個人投資家は715億ウォンを買い越した。コスダック指数は4.91ポイント(0.71%)上がった695.72で引けた。 外国人投資家は13日から7取引日連続で売り越している。先月4兆ウォン相当を売った外国人は今月に入り買いに転じるかに思われたが再び売りに方向を定めた。今年に入り外国人投資家の売り越し規模は6兆2082億ウォンで、米国の格付け降格余波が続いた2011年の年間基準9兆4215億ウォンの売り越し以降7年来の最大だ。

信栄(シンヨン)証券リサーチセンター長のキム・ハクキュン氏は「グローバル景気指標が悪化しており、ドル高が最小限来年上半期まで続く可能性が高い。外国人投資家の売り傾向が当分続くだろう」と予想する。世界的にリスク資産選好度が落ちる状況で為替差損の懸念まで大きくなり外国人投資家が韓国証券市場から手を引いているという説明だ。

スポンサードリンク
ハイ投資証券のカン・ジェヒョン研究員は「韓国をはじめとする新興国景気がすでに鈍化した状況で米国の金利引き上げが続いているのが問題。景気浮揚策を使うどころかむしろ米国の金利引き上げに引きずられて一緒に金利を引き上げなければならない苦しい状況」と診断した。カン研究員は「外国人投資家が追加離脱する可能性を残しておかなければならない。KOSPI指数が来年1-3月期に1980線まで下がりかねない」と予想した。貿易戦争にともなう米国と中国企業の業績打撃が来年1-3月期から本格的に現れると予想されるため当分現金を確保しておくのが有利だという分析が出ている。KB証券のシン・ドンジュン首席資産配分戦略家は「株式保有の割合を減らし来年4-6月期以降投資機会を探さなければならない」と話した。
https://japanese.joins.com/

韓国経済低迷とは言え、個人的には日韓貿易を日本が止めない限りは崩壊はしないだろうと考える。もっとも家計負債は自滅であるから、それを除いてという事になる。家計負債は日本の金融企業も大きく関係しているので、負債返却されないままでは撤退できない。一方サムスンに融資しているみずほ銀行など、財閥企業が崩壊されても困るという側面もある。

韓国の9割近い雇用を支える中小企業を下支えしているのが日本の中小企業或いは中堅企業とすると、貿易を止めない限りは韓国は生き延びるだろう。日本統治後、韓国は反日攻勢をかけ続けた挙句に通貨危機となる。日米を含めた外資に助けられてきたわけで、日米が金融を抑え、日本企業が韓国中小企業に仕事を与えるだけでなく、いち早く合弁企業を形成したリコーやキヤノンなど大手企業の合弁会社も韓国通貨危機前から多数ある。厄介な造船産業を含め、赤字企業を捨てて、自国民が仕事の選択をしないで中小企業雇用に収まり、日本の営業所を含めた試作製造企業として生き延びると言う手立てもある。

実は大手企業在籍時に韓国に営業所を設け、自国中小企業を連携させたことがある。その時の営業所トップが、今のLG電子の社長となっている。もともとは洗濯機の製造からと言うが、LG電子が金星社であった時に会長に変わいがられた人物だ。

一方で、個人的には家計負債の対応方法が気になる。ウォン量を確実に把握していれば、政府が数回に分けて補てんすることで生き延びるだろう。同時に上位財閥は崩壊前に海外に拠点を移すだろうし、サムスンは米国に、現IT自動車、LG電子も考えているのではないか…。確実に崩壊させるならば、日韓貿易停止でとどめ打ちだが、安倍首相はそれを実施しないだろう。

関連記事

[ 2018年11月22日 12:55 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp