韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日産とルノーの提携維持は「困難」…専門家

日産とルノーの提携維持は「困難」…専門家

ゴーン容疑者が日産自動車の会長を解職されたことをめぐり、フランス経済の専門家は、日産とルノーの関係について、提携の維持は「困難だ」との見方を示した。

日産がゴーン容疑者の会長職を解くと決めたことについては、フランスのニュース専門チャンネルが日産本社前から中継で伝えたほか、主要メディアが速報で報じた。

ただ、ゴーン容疑者が会長を務めるルノー本社は、「日産内部のことなのでコメントはしない」としている。ゴーン容疑者の解職決定をめぐって、フランスの産業界に詳しい専門家は、日産とルノーの提携の維持は難しいとの見方を示した。

経済学者ジャン=マルク・ダニエル氏「ゴーン氏は成功した社長として象徴的な人だ。(日産とルノーの提携維持は)難しいところもあるだろう。すべてはゴーン氏の個性によって構想され計画されたものだからだ」

また、事件発覚の経緯については、「日産とルノーの力のバランスを取る動きが日本で起きたのではないか」と述べ、日産側の何らかの思惑が背景にあったとの見方を示した。
http://news.livedoor.com/

スポンサードリンク
日産は22日の取締役会で、フランス・ルノーとの提携の維持を確認したが、水面下では提携関係の見直しが進んでいる。日産は22日の取締役会で、ゴーン容疑者の代表権と会長の職を解いた。関係者によると、ルノー出身の役員はゴーン容疑者の不正について、実際の書類のコピーを見ながら説明を受け、納得したということで、解職の決議は全会一致だったと日本の各メディアは伝えている。

現実はルノーを助ける日産の立ち位置であるわけで、赤字ルノーについて回る必要はないと思うが…。カリスマ性に優れたゴーンと言うが、当時日産の大リストラで、古い設備の村山工場などを閉鎖したのは、良いタイミングであったともいえる。日産も決して業績が素晴らしいとは言い難い側面がある。日産サティオの赤字で、黒字企業とくっつけて計上したのは記憶に新しい。従って、国内では非常に厳しい状態が続いている。軽自動車のOEMで、売れる車が軽自動車に移行したためだ。とはいえ海外に目を向ければ、体制つくりはある程度確立しつつあるわけで、後は組織をしっかりと組み立てれば、ルノーと提携する必要性は無い。一から出直す覚悟で頑張れるかが今後の焦点となり、日産がルノーから脱皮する大きなチャンスとなる。

関連記事

[ 2018年11月24日 09:13 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(3)
擁護はやばい
ルノーがゴーン事件は刑事犯罪と気付いたから、コメントが
「日産内部のことなのでコメントはしない」とトーンダウン。
さすがに、犯罪者を擁護するのはやばい。
役員会でゴーン解雇は全員賛成、フランス人の役員二人も賛成した。
ルノーに対するクーデターというなら、こちらの二人。
[ 2018/11/24 18:47 ] [ 編集 ]
沈み行くルノーが日産を引き込もうとしている
業績低迷で赤字に転じたルノーが日産を飲み込んで黒字に見せかけようとした。
危機感を持った日産はゴーン氏を切ってルノーに飲み込まれるのを阻止しようとしているのか?
[ 2018/11/25 02:31 ] [ 編集 ]
ROCK
あくまで噂ですが、バックにアメリカそれに同意した日本という構図の話が流れています。
電機自動車の技術の関連で、中国に緩いフランスとルノーが技術の流出(自動車関連は軍事技術と直結する)
をしようとしたことで、アメリカが動いたというストーリーです。
日本で逮捕ですから本気です。私はたぶんこれだと思っています。
[ 2018/11/26 23:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp