韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  文在寅政権は安倍首相の成功に学べ

文在寅政権は安倍首相の成功に学べ

1990年代の初めから日本経済は成長がストップした。不動産バブルがはじけ、名目国内総生産(GDP)は増えず、ソニーやトヨタなどの代表的な企業は活力を失った。東京・銀座にはタクシーの空車が数百メートルも並んだ。さらに悪いことに、2011年の東日本大震災は日本経済をグロッキー状態に追い込み、先進国最長と言われる20年を通り越して「失われた30年」になるのではという声が相次いだ。

ところが、安倍首相が再び登場した。07年に政権を執ってから1年で存在感もなく退いたため、誰もが再び政権を執るとは予想していなかったし、期待もしていなかった。だが、12年末に再び政権を執った安倍首相は別人になったかのように強力なリーダーシップで危機を克服した。

低迷していた経済は息を吹き返し、株価は2.4倍に上がり、企業実績はバブル期に匹敵するほど大幅に改善した。有効求人倍率1.43倍というほど失業率は下がり、空前の求人難となっている。11年に韓国より少ない622万人だった訪日外国人観光客は、6年で3倍以上増えて昨年2600万人に達した。韓国の方が進んでいた幹細胞分野でも、数多くの韓国人が幹細胞治療のため日本に行くようになるほど規制がなくなった。バイオ・人工知能・自動運転車といった第4次産業革命で、日本企業は韓国の先を進んでいる。今では東京でタクシーをつかまえることも、ホテルを予約することも難しい。

スポンサードリンク
安倍首相は今年9月の自民党総裁選で3選を果たし、よほどの異変がない限り21年まで首相の座を守り、「最長寿首相」となることが約束されている。お粗末な素人のようだった安倍首相に一体何が起こったのだろうか? 韓国メディアでは「極右性向の安倍首相は憲法改正により軍国主義復活を推進している」という報道が主流をなしている。修正主義的歴史観を持つ安倍首相は時折、韓国と摩擦を起こすが、政権を執ってからの6年間、憲法改正はなかった。日本の軍事費は中国の5分の1程度で、このまま行けば数年以内に韓国の軍事費の方が日本を追い越す見通しだ。我々は安倍首相のことを客観視しなければならない。(略)
http://www.chosunonline.com/

文在寅政権は安倍首相の成功に学べと言う題名だが、日本は長い円高の時代から、円安に向かう周期のタイミングで安倍政権が誕生した。このタイミングがなければ無理だろう。金融政策も企業成長戦略も、輸出好調により、現在に至るわけで、安倍総理の手腕が大成功したというわけではない。タイミングを利用し、日銀とのタッグで成しえた結果と言える。超円高時代からの脱却がなければ成しえない事である。 また同時に日本は負債大国と言われても、政府資産は世界一である。

実質の借金については、他の専門家に任せるとして、韓国と日本の違いは、金銭的にも国民性においても、あまりに違いすぎる。敗戦後の莫大な借金から日本はリーダー国としてアジアをけん引してきたわけで、韓国と比較する事自体が論外となる。むしろ安倍首相の得意とする部分は外交にある。 政治は外交力が不可欠であるから、その部分で大きな違いが生まれるわけで、そういう部分は勉強する必要があるだろう。

関連記事

[ 2018年11月25日 09:04 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp