韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  非常安全経営期間中にも1日に2回のトラブル起こした韓国高速鉄道

非常安全経営期間中にも1日に2回のトラブル起こした韓国高速鉄道

最近の相次ぐKTXの故障で鉄道公社が「非常安全経営期間」を宣言した中でまた列車が立ち往生した。 鉄道公社は24日午後3時にソウル駅を出発したKTX141列車が京畿道(キョンギド)の光明(クァンミョン)駅で故障により動けなくなったと明らかにした。出発から16分で止まったことになる。この列車には乗客1000人ほどが乗っていた。

鉄道公社は事故から50分後の午後4時5分ごろに光明駅に代替便を投じた。鉄道公社関係者は「故障列車を車両基地に運んで正確な故障原因を調べている。関連規定に基づいて補償手続きを進めている」と明らかにした。 また、この日午後8時30分ごろには釜山(プサン)発幸信(ヘンシン)行きKTX218列車が忠清北道(チュンチョンブクド)の五松(オソン)駅で故障により動けなくなる事故も発生した。故障列車に乗っていた乗客200人ほどは案内放送により後続の列車に乗り換えた。該当列車はその前の停車駅である大田(テジョン)駅でも車両故障により20分近く出発が遅れたという。

鉄道公社は最近の頻繁な故障と遅延事例を受け22日に国民向けの謝罪とともに来月4日までを「非常安全経営期間」にすると宣言していた。幹部クラス全員に対する休日勤務措置などが下された状態で故障事故が再発したことになる。
https://japanese.joins.com/

スポンサードリンク
韓国高速鉄道のトラブルは多数ある。
一定時間内の波形の平均値を採る等価騒音を採用しているため、対策基準値(商業地/農林地70dB・住宅地65dB)に満たなくても新幹線と同基準の場合では実際の最大騒音値が80dBを超え、運行区間が拡大する度に沿線で防音壁設置の陳情が相次いでおり、家畜の死産など実害を抱える。また、開業当初多発した運行障害によるトラブルは減ったが、代わりに車両故障が増加した。

さらに、KTXを運行するKORAILの負債が6.7兆ウォンにも達し、KTXの施設管理を行う鉄道施設公団の負債約6兆6000億ウォンとあわせると約13兆3000億ウォンもの巨額負債となる。また、建設時の度重なる延期とそれに伴う事業費の高騰で30年後も黒字化が不可能との事。 挙句に、46編成で552個ある動力伝達部品「トリポード (Tripod) 」の相当数が想定した交換時期より早く欠損・磨耗し、速度制限や制動力低下の恐れがあり、部品不足による他の編成からの部品流用が多発。

「独自技術」を強調しているにも関わらず、KTX-Iの老朽化やKTX-山川の初期不良、軌道・給電などのハード・ソフト両面でのトラブル頻発に直面したことで、フランス国鉄からTGVの専門家を再招聘し、技術諮問を仰ぐなど、フランスとの協力を強化している。一方で、国内の気象・地形を考慮せず、TGVのマニュアルを長年そのまま使用していた等々…掲げればきりがない。最近では、20日午後5時ごろ、慶尚南道晋州からソウルに向かっていた韓国高速鉄道(KTX)の列車が、停電により五松駅付近の線路で突然止まるトラブルが発生し、停電は約3時間後に復旧したものの、真っ暗な列車内に閉じ込められた乗客からは不満の声が続出し、大騒ぎになったばかりだ…。

関連記事

[ 2018年11月25日 18:48 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp