韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  オリンパス内視鏡使用後、欧米で190人院内感染

オリンパス内視鏡使用後、欧米で190人院内感染

医療用光学機器の世界的メーカー、オリンパス(本社・東京)の十二指腸内視鏡による検査・治療後、欧米の患者190人以上が抗生物質の効きにくい薬剤耐性菌に感染していたことが25日分かった。内視鏡の洗浄、滅菌しにくい構造が原因の可能性がある。米医療機関への注意喚起は積極的に行わないよう社内メールで指示していたことも判明した。

死者も複数出ている。感染が直接の死因かどうかは不明だが、米国内では35人死亡の報道もある。遺族らは約50件の損害賠償訴訟を起こした。共同通信が参加する国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)が今春から医療機器全般の事故を世界規模で調査した。

問題の内視鏡は、米民主党議員の報告書や訴訟資料などによると福島県会津若松市の工場で製造され2010年から欧米で販売された十二指腸内視鏡TJF-Q180Vで、12~15年に米国、オランダ、フランス、ドイツの17医療施設で190人以上が薬剤耐性菌に感染した。日本でこの内視鏡は販売されず感染は起きていない。欧米ではその後特殊な洗浄ブラシの提供や注意喚起で安全対策が取られた。
https://www.sankei.com/

スポンサードリンク
1970 年以前は内視鏡を介した感染事故防止という概念が欧米やわが国においても希薄で、スコープの再生処理は水ないし洗剤による洗浄のみで行われてきた。欧米では、1973 年にGreene らが内視鏡を介した緑膿菌感染の事例を報告し、1976 年に Silvisらが米国における消化器内視鏡を介した感染事故の実態を報告した。1988 年には欧米においてほぼ同時に内視鏡機器の洗浄・消毒に関するガイドラインが作成され、スコープの再生処理は検査毎に十分な用手洗浄と高水準消毒薬(グルタラール)を用いた消毒を行うことが推奨された。

一方日本では、1970年代になってB型肝炎ウイルスの院内感染の問題が注目されるようになり、1976 年に日本消化器内視鏡学会は消毒委員会(第1次)を設置して実態調査が行われた。その結果、内視鏡検査を受けた被検者の8.5%においてB 型肝炎ウイルスの感染を認めたことを発表し、同時にグルタラールによる検査毎の消毒が感染防止に有用であることを報告した。この報告によってグルタラールを用いたスコープの消毒が普及し、1日の内視鏡診療終了後にはグルタラールを用いた消毒が一般に行われるようになった。しかし、消毒に時間がかかることから、検査間は従来通り用手洗浄のみで行うという「悪しき習慣」がそれ以後も続いた。1990年代になって内視鏡検査後の急性胃粘膜病変の原因が、内視鏡を介したピロリ菌感染によって発生することが判明し、マスコミがその実態を報道するといった社会問題に発展した。

1995 年以降、日本消化器内視鏡学会や日本消化器内視鏡技師会は、内視鏡機器の洗浄・消毒に関するガイドラインを発表し、さらにその後日本環境感染学会と合同でマルチソサイエティガイドラインを作成するなど、内視鏡を介したさまざまな感染防止に努めてきた。今回、十二指腸内視鏡による検査・治療後、欧米の患者190人以上が抗生物質の効きにくい薬剤耐性菌に感染していた。オリンパスは「訴訟に影響を与えるため、コメントは差し控える」とした。日本でこの内視鏡は販売されず感染は起きていない。内視鏡における感染管理は内視鏡機器の再生処理だけで済む問題ではなく、スタッフ全員の清潔操作に対する意識の高さが重要である。特に感染防止に対する医師や新人スタッフの意識の低さが現状の課題で、継続した啓発活動が今後も必要であるとしている。



関連記事

[ 2018年11月26日 18:50 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp