韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  日本は統合網を構築…韓国も海運同盟を推進すべき

日本は統合網を構築…韓国も海運同盟を推進すべき

韓国海運業を立て直すための専門家らの助言は結局、新たなM&A(企業の合併・買収)と海運同盟の推進、現代商船の「純血主義」打破に要約される。営業力を備えた海外海運会社を買収し、現代商船・SM商船など国内の海運業界が力を合わせることが規模の経済の実現につながるということだ。

ハン・ジョンギル聖潔大東アジア物流学部教授は「いま現代商船に支援する資金があれば海外超大型海運会社の買収も可能」とし「マースクやMSC(2M)との海運同盟に編入されない状況に備えて国内の海運会社や荷主などが力を合わせた『コリア海運同盟』を結成するのも方法」と助言した。 こうした方式は日本海運業界の競争力回復過程をベンチマーキングする形になる。2016年の韓進海運の法定管理(企業回生手続き)事態を目撃した日本郵船、商船三井、川崎汽船の日本3大海運会社は同年10月、「ONE」という統合法人の構築に成功した。この法人は統合の後、世界6位の船会社に浮上した。

現代商船が経営診断を依頼したコンサルティング機関A.T.カーニーは、現代商船に対して各荷主向けサービスと海外営業の強化を注文している。最短時間で貨物を配送する海運業界版「ロケット配送」のような特化したサービスを開発したり、海外顧客の確保に力を注ぐ必要があるということだ。 かつて海運業は国内輸出企業と共に成長したが、生産施設が中国・東南アジアなどに移転した状況では海外の顧客を確保するための新しい営業パラダイムが要求される。

スポンサードリンク
現代商船の「体質改善」に対する注文も続いた。強力な構造調整後、昨年グローバル市場で営業利益率2位(4.5%)になったイスラエル海運会社ZIMのように赤字路線からの撤収、人材構造調整を通じたコスト効率化などが求められるということだ。
https://japanese.joins.com/

日本郵船と商船三井、川崎汽船のコンテナ船輸送事業の統合で生まれた合弁会社は業界6位と、統合が進む海運業界で競争し得る規模となったと報じられたのが今年1月。日本の海運大手の合弁会社設立は長い間予想されていたが、16年の韓進海運の破綻、深刻な市場低迷、それに続く海運会社の合併に促される形でようやく実現した。 海運業界の情報会社アルファライナーによれば、合弁会社ONEの積載能力は約147万TEU(20フィートコンテナ換算)、市場シェアは7%となる。一方で、コンテナ船事業の統合で積載容量の管理力が高まるが、価格決定力の大幅な向上は見込みにくい。

日本郵船(出資比率38%)、商船三井、川崎汽船(それぞれ同31%)のコスト削減に寄与すると予想しているが、現実は、厳しい競争環境のコンテナ船事業者は市場価格を受け入れざるを得ない状況との指摘もある。事業統合により、3社の19年3月期の費用は500億円余り削減される見通しだ。今後3年間で1100億円のコスト削減が見込まれ、利益も増加するとしている。

関連記事

[ 2018年11月27日 12:15 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp