韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国型試験用ロケットが打ち上げた宇宙航空時代の希望

韓国型試験用ロケットが打ち上げた宇宙航空時代の希望

我々の手で初めて作ったロケットエンジンを搭載した韓国型試験用ロケットが昨日午後4時、全羅南道高興郡外羅老島(チョルラナムド・コフングン・ウェナロド)の羅老宇宙センターから打ち上げられた。航空宇宙研究院(航宇研)が発射ボタンを押すと、試験用ロケットはエンジンから火柱を吹き出して地面を力強く蹴り、空高く舞い上がった。この日の実験は韓国型ロケット「ヌリ号」に使われる75トン級液体エンジンの性能検証が目的だった。エンジンは当初の目標時間である140秒を越えて151秒間燃焼した。この結果、試験用ロケットは459秒間の軌道飛行をしながら目標高度を越えた209キロメートルまで飛んだ後、発射場から429キロメートルm離れた済州島(チェジュド)東南の海上に正常に落下した。

今回の試験用ロケットの打ち上げ成功は、韓国が挑戦しなければならない宇宙航空時代の第一歩にすぎない。韓国は製造業強国だが、先端宇宙分野ではまだ第一歩も踏み出すことができず遅れを取っていた。遡ること半世紀、すでに1957年に旧ソ連がスプートニク号を打ち上げて宇宙には無限競争時代が開かれていた。ロシアをはじめ、米国・フランス・日本・中国など9カ国は自力で人工衛星を打ち上げて、気象観測や物流システム、ナビゲーションなどの商業的用途はもちろん、軍事・情報に宇宙技術を活用している。 だが、韓国はその第一歩であるエンジンさえも開発できず、人工衛星を打ち上げるたびにロシアや日本の力を借りているみじめな境地に陥っている。米国では今月27日、宇宙探査船「インサイト(InSight)」が火星に着陸して地表を撮影した写真を送ってくる時代に、韓国はその初めの一歩さえ踏み出すことができていなかったということだ。

スポンサードリンク
航宇研はこの日性能が検証された75トン級エンジンを、2021年に打ち上げる予定のヌリ号の1段目と2段目に搭載する予定だ。3年後の打ち上げが成功すれば、韓国は2013年にロシア製エンジンを使った羅老号打ち上げから8年ぶりに、独自の人工衛星打ち上げシステムを確保することになる。かなり遅れたとはいえ、韓国も独自の宇宙開発の橋頭堡を用意することになったといえよう。今後3年間、徹底した準備を経て、宇宙航空時代に参入していかなくてはならない。
https://japanese.joins.com/

今回、エンジン試験用ロケットは韓国型発射体「ヌリ号」に使われる75トン級液体エンジンの性能を検証するためのもので、3段式ヌリ号の2段目に該当するとし、試験用ロケットの全長は25.8メートル、最大直径は2.6メートル、重量は52.1トンとの事。莫大な予算がかかる事業なだけに、継続すること自体に無理があると思うが…。 韓国は、75トン級以上のロケットエンジンを保有する7番目の国となり、「開発難易度が最も高かった75トンエンジンの性能を検証した」とした。

試験用ロケットの打ち上げ成功は、設計から打ち上げまで100%国産化に成功したという点で意味が大きい。世界的に75トン級エンジンの開発に成功した国は米国・ロシア・インドなど10カ国程度に過ぎないと胸を張る。2021年2月にヌリ号の本打ち上げを目標にロケット開発を継続していく予定と伝えている。しかし、75トンエンジン4基を一つにした1段目ロケットの開発過程で、ロケットの姿勢制御など、技術的に越えなければならない課題が残っている。

関連記事

[ 2018年11月29日 10:01 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp