韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  BTSが乗った映像と一緒に…現代自が「パリセード」を公開

BTSが乗った映像と一緒に…現代自が「パリセード」を公開

現代(ヒョンデ)自動車の年末最大の野心作に挙げられる大型スポーツ多目的車(SUV)「パリセード(Palisade)」が初めて公開された。28日(現地時間)、現代自動車は、米ロサンゼルス(LA)のコンベンションセンターで開かれた「2018LAオートショー」で、8人乗りの大型フラッグシップ(旗艦)SUVパリセードを世界で初めて披露した。8人乗りのSUV「パリセード」は、シャーシから内・外装のデザイン、各種の走行利便性仕様まで、現代自がSUV市場で存在感を現すために力を入れた痕跡が見えるという評価を受けた。鄭義宣(チョン・ウィソン)首席副会長は直接LAオートショーに出席して、パリセードへの愛情を示した。

公開の方法も格別だった。世界最高のスターに挙げられるグループ防弾少年団(BTS)が、パリセードに乗って快適に移動する映像をいきなり公開して視線を引いた。パリセードという名前は、米カリフォルニア南部のビーチエリアに位置した高級住宅地区パシフィック・パリセーズ(Pacific Palisades)からインスピレーションを得て命名された。パリセードは、運転席から3列までデザインされた。プライベート空間を重視しながらも、家族が一緒に交わる空間として活用できるように開発された。イ・サンヨブ現代デザインセンター長(専務)は、「パリセードは現代自の新しいデザインの方向性を示している。まさに『センシュアススポーティネス(Sensuous Sportiness・感性を加えたスポーティさ)』が適用された最初のSUV車両だ」とし、「壮大な外装デザインと1〜3列まですべての客の利便性と感性を考慮したインテリア・デザインで、家族に安らぎと快適さをプレゼントするだろう」と語った。

スポンサードリンク
パリセードの前面部は、炉で銑鉄が落ちる姿を表現した「カスケードグリル」で丈夫で大胆なイメージを表現した。世界で初めて天井を通じて室内空気を拡散させて、1列から3列まで均等に空気を循環させる「拡散型天井吹き出し口」(ループエアベント)も適用した。パリセードは「2.2ディーゼル」と「3.8ガソリン」の2つのモデルがある。韓国市場では、12月の発売を控えて29日から事前契約を受け付ける。ディーゼル2.2モデルは3622万~4227万ウォン、ガソリン3.8モデルは3475万~4080万ウォンとなっている。北米市場では、来年夏に披露する計画だ。
http://japanese.donga.com/

2018-11-30-k001.jpg

超大型SUV「パリセード(PALISADE)は、来年の販売実績を引き上げようという目論見だが、米国市場で現代自動車の不振を救う救援投手として期待を集めているとした。パリセードはこれまで現代自動車にはなかった大型のSUVだ。パリセードが加われば現代自動車は「コナ」「ツーソン」「サンタフェ」に続き大型SUVまで、全てのクラスでラインナップを完成することになる。 SUVを好む米国市場で売るべきモデルがないという非難を聞かなければならなかった現代自動車としては、今回が捲土重来の機会としている。だが、重要なのは品質と組織改革は不可欠である。同じ車種で中国工場の1/3という製造時間では困りだろう。サボり体質を改革しない限りは無理。結果、現代自も自国から海外生産重視となりつつある。工場管理のプロとなる日本管理者が退職した今、デザイナー役員などに頼るようでは困りごとだ…。重要な管理は外部委託となり、自社技術で残るものがない。

関連記事

[ 2018年11月30日 09:10 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp