韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスンのOLED核心技術、中国BOEにまるごと流出

サムスンのOLED核心技術、中国BOEにまるごと流出

サムスンディスプレイのOLED(有機発光ダイオード)ディスプレー関連核心技術が中国最大のディスプレー企業BOEなどに流出したことが確認された。サムスンは3年間に6兆5000億ウォン(約6500億円)ほどの売上損失が生じると推定した。

水原(スウォン)地検人権・先端犯罪担当部は29日、サムスン電子のギャラクシースマートフォンに搭載された「曲がったOLEDディスプレー」とガラス板を装着する工程の「3Dラミネーション」生産設備および技術資料をBOEなど中国企業4社に渡した容疑でトップテックの社長ら11人を起訴したと発表した。

検察によると、サムスンディスプレイは2007年から6年間に1500億ウォンを投じてこの技術を開発した後、協力会社のトップテックに関連装備の生産を任せた。トップテックはこの装備をサムスンに独占納品する契約を結んだが、偽装会社を通じてBOEなどに16台を販売した。

トップテック側は「独自の技術で生産した装備だけを中国に販売したにすぎず、いかなる技術と資料も流していない」と主張した。
https://japanese.joins.com/

スポンサードリンク
有機ELディスプレイのEL層(発光層)を形成する技術には、大きく分けて、蒸着方式と印刷方式がある。またEL層の構成には、パネル全面にRGB各色のEL層を1色ずつ積層形成して白色発光させるものと、RGB各色のEL層をパネル上に画素毎に並べて形成し、RGB発光させるものとがあry。白色発光の場合は、カラーフィルターによってRGBの発光を個別に取り出す必要があり、カラーフィルターによって発光の約3/4が遮断されるため、色純度と発光効率が相反する関係にある。

現在多くの企業で採用されているのは蒸着方式で、真空環境で材料を加熱、気化させてEL層を形成する。この方法は、パネルと蒸着源が入る大型の真空装置と、パネルの必要な部分だけに膜を形成するためのメタルマスクが必要となる。特にRGB蒸着方式では、RGBの膜を3回に分けてそれぞれ決められた場所に形成する必要があるため、白色蒸着方式に比べて画素数に応じた精細なマスクが3倍必要となる。またその位置精度もスクリーンサイズが大きくなるほど、また画素数が多くなるほど大きな課題となる。

JOLEDの有機ELディスプレイは、パナソニック技術や、印刷技術が今後の課題となる。日本における特許もあるわけでぜひ頑張ってほしいところです。

関連記事

[ 2018年11月30日 09:32 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp