韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ルノーサムスンの「ドル箱」日産ローグ、来年9月に韓国生産中止

ルノーサムスンの「ドル箱」日産ローグ、来年9月に韓国生産中止

ルノーサムスン自動車の生産台数の半数、輸出台数の70%以上を占めるスポーツタイプ多目的車(SUV)「日産ローグ」が来年9月に生産を中止する。日産ローグは、赤字転落して経営危機説まで出たルノーサムスンの経営を安定させた「親孝行モデル」だ。ルノーサムスン関係者は11月30日、「本社と協議の末、釜山工場の日産ローグ生産を2019年9月に中止することにした。残り10カ月間で日産ローグに代わる生産台数を確保するため、交渉を続けていく」と語った。しかし、新規台数を割り当ててもらっても、車種が変われば生産ラインの整備が必要なため、数カ月間は工場稼働に支障が出る可能性が高い。

ルノーサムスン釜山工場は2014年8月から米国輸出用の日産ローグ生産を委託されている。ルノーサムスンは2014年から日産ローグを委託生産しており、同年3兆9743億ウォン(現在のレートで約4021億円、以下同じ)だった売上を15年は5兆183億ウォン(約5077億円)とし、その後も毎年売上高を増やして、昨年は6兆7094億ウォン(約6788億円)を記録した。昨年の時点で、日産ローグはルノーサムスンが生産した車両26万4037台の46.7%(12万3203台)を占めており、今年1-10月には生産台数の47.7%(9万935台)を占めるほど比重が大きい。ルノーサムスンの輸出台数でも70%以上を占めるほどだ。

スポンサードリンク
2014年以降、日産ローグの生産台数も着実に伸びた。ルノーサムスン釜山工場で生産された日産ローグは、15年9月に10万台、16年5月に20万台、17年2月に30万台、17年12月に40万台を達成し、先月27日には生産開始から4年で生産台数50万台を突破した。
http://www.chosunonline.com/

ゴーンが失脚すれば新車配分が不透明になるというのが自動車業界関係者らの分析だ。両社が離間すればルノーのモデルの配分を受けなければならないが、ルノーのモデルのうち日産ローグほど大量に生産するモデルがない。ルノー・日産アライアンスが存続してもゴーン会長が失脚すれば日産側の影響がさらに強まる可能性が高い。新車生産配分が日本工場に渡る可能性のほうが高いだろう。となるとルノーサムスンの工場自体が不必要となりかねない。韓国から撤退する可能性は高いという事だ。踏んだり蹴ったりの韓国自動車産業となりそうだが…。

関連記事

[ 2018年12月01日 12:56 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp