韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国大企業も在庫増加…為替差損・人件費まで「3重寒波」

韓国大企業も在庫増加…為替差損・人件費まで「3重寒波」

韓国を代表する主要企業の在庫が過去最高となっている。生産したものが売れていないということだ。国内景気の影響を受けやすい内需企業だけでなく、韓国経済を支えてきた輸出大企業まで売り上げよりも在庫資産が大きく増え、今後の実績に対する懸念が強まっている。

韓国経済新聞がサムスン電子や現代自動車など売上高上位20社(金融・持ち株会社除く)の過去3年間の四半期別報告書を分析した結果、これら企業の今年7-9月期の在庫資産は108兆7964億ウォン(約11兆円)と、4-6月期(105兆3008億ウォン)に続いて過去最高を更新した。昨年7-9月期に104兆ウォン台に増えた在庫資産は10-12月期に97兆ウォン台に減少したが、今年に入ってまた100兆ウォンを超えて急速に増加している。LG経済研究院のイ・ハンドゥク研究委員は「在庫資産の増加は製品が売れていないという信号」とし「景気の悪化とともに衰退業種に偏った国内産業の構造的な問題などで、企業の活力が落ちていると考えられる」と述べた。

在庫は売り上げが増えれば自然に増加する。問題は売り上げより在庫がさらに速いペースで増加する場合だ。主要20社の売上高は2016年1-3月期の203兆4906億ウォンから今年7-9月期には252兆1139億ウォンと23.9%増えた。この期間、在庫資産は2016年1-3月期の82兆9534億ウォンから31.2%増え、売上高の増加率を大きく上回った。

スポンサードリンク
昨年末に比べて今年7-9月期の在庫資産増加率も11.2%と、同じ期間の売上高増加率5.3%より高かった。キウム証券のエコノミストは「これまで内需が不振でも輸出は好調だったが、輸出大企業の実績まで悪化しないか懸念される」と述べた。 2年以上も半導体好況を迎えたSKハイニックスも今年7-9月期の在庫資産は3兆6867億ウォンと、1年前(2兆5574億ウォン)に比べ44%増えた。同じ期間の売上高増加率は27%だった。昨年までは売上高の増加ペースが上回っていた。しかし在庫資産が昨年10-12月期の2兆6404億ウォンから今年1-3月期には3兆1031億ウォンに、4-6月期には3兆3678億ウォンに増え、売上高の増加ペースを上回った。スマートフォンとサーバー用メモリー半導体の需要が鈍化したからだ。
https://japanese.joins.com/

在庫増加は実は深刻だ状況と言える。半導体などはすぐ時代遅れとなるために、在庫は売れない可能性がある。ごく数か月間であれば対応できるが、現実は大量受注で動いているために、相手企業の短期販売計画に沿って、納品するほどに在庫は増える。特に中国は注文が大量とはいえ、まとめての受注なだけで納品は分納なはず。売れる見込み予想で、動くほどに在庫はたまる。とはいえ受注を確定させるには、短納期競争となるために、最低必要減は在庫が不可欠な産業でもある。従ってマーケティングに弱いと、「見込み=確定」 と勘違いして製造計画を立てるから、生産管理や製造管理が不可欠となるが、日本人管理者のような管理部門長や工場長レベルの人材が不足しているのが今の韓国製造業である。

半導体のみならず、現代自の新車の在庫はもっと困るだろう。在庫するほどに、車の再検査や補修が必要となる。在庫場所の経費も大きいはず。在庫している車の販売は、追加検査に加えて補修や塗装やり直しなどが発生すれば、大赤字となる。結果、場合によっては、新古車として中古販売に回すこともある。

関連記事

[ 2018年12月01日 18:54 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(4)
半導体なら必ず売れて在庫は減るけど

看板方式で受注生産方式でない現代自動車グループの在庫が問題。
計画生産しないとやっていけない工場。

  現代自動車(起亜を含む)グループの在庫問題
2016年決算、販売台数788万0266台 在庫約120万台(製造原価で約1兆3360億円)
2017年決算、販売台数725万1013台 在庫約200万台(製造原価で約2兆4000億円)
[ 2018/12/03 14:18 ] [ 編集 ]
追加資料・・・
現代自動車(起亜を含む)の業績推移
 2016年    売上    営業利益
1~3月期 2兆2351億円 1342億円
4~6月期 2兆4676億円 1672億円
7~9月期 2兆2083億円 1068億円
10~12月 2兆4021億円 1021億円

 2017年    売上    営業利益
1~3月期 2兆3366億円 1251億円
4~6月期 2兆4308億円 1344億円
7~9月期 2兆4201億円 1204億円
10~12月 2兆4501億円  775億円

 2018年    売上    営業利益
1~3月期 2兆2437億円  681億円
4~6月期 2兆4712億円  951億円
7~9月期 2兆4434億円  289億円
[ 2018/12/03 14:20 ] [ 編集 ]
現代自動車グループは生産ラインを1000万台分の工場を完成
させてしまったから、中国工場はうかっに閉鎖出来ないし、韓国
工場の閉鎖も無理だし、米国工場も無理だし、安いメキシコ工場
も無理だし、売れなくても生産を続けるしかない状態。

韓国は内需が無いのに自動車なんか作るのがバカかと思う。

 新車"国内販売"台数
日本 約528万台 3位
     ・
     ・
カナダ 約207万台 10位
韓国 約178万台 11位
イラン  約171万台 12位
[ 2018/12/03 14:39 ] [ 編集 ]
値引き、販売拡大へ
今はまだ、在庫増で利益を出している状態でしょう。
どこの企業も利益圧力を受けると在庫を積みたがる。
このまま売れないと、評価損が生じる。次の決算がきびしい。
値引きして、損切り覚悟で拡販にいきそうだ。
[ 2018/12/03 15:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp