韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  5G開幕…“サムスン-アップル-華為”スマートフォン3強は変わるか

5G開幕…“サムスン-アップル-華為”スマートフォン3強は変わるか

5世代(5G)移動通信電波が1日初めて発射され、スマートフォンのメーカー地図が再編されるかに関心が集まっている。これに先立って3世代(3G)と4世代(4G)が導入されて伝統ある携帯電話強者であったノキア・モトローラ・ソニー・パンテックなどが没落し、アップル・サムスン電子・華為らが有力走者にのぼった。サムスン電子、華為、LG電子などは来年3月以後に5Gスマートフォンを発売すると予想される。 2日、ストラテジー・アナリティクス(SA)報告書によれば、来年から5G導入でスマートフォンメーカーの地図も影響を受けると予想された。SAは「韓国、米国、日本、中国などで5G移動通信が始まり新しい時代が開かれている」として「5G携帯電話市場で現在のサムスン電子-アップル-華為3強の占有率が下落する可能性が大きい」と明らかにした。

ノキアとモトローラが主な事例として提示された。SAは「2G時代に世界最高だったノキアが、3G時には既存占有率の3分の1を失い、結局4G時に消えた」として「モトローラも2Gから3Gに変わって世界市場占有率の5分の4を失った」と説明した。実際、2G時の2000~2006年には、ノキア-モトローラ-サムスン電子が1~3位を形成したが、3G時代の2007~2011年にはノキア-サムスン電子-モトローラに順位が変わった。一時は携帯電話占有率が40%を超えたノキアは、4G時の2013年に携帯電話事業をたたみ、サムスン電子-アップル-華為が新3強に浮上した。モトローラもスマートフォン時代に適応できずに2011年にグーグルに売却され、2014年には再び中国レノボに吸収された。

スポンサードリンク
中国企業は4G時代に急浮上した。SAは「中国メーカーは4G舞台でファーストフォロワー戦略を通じて急速に占有率を拡大していった」として「特に華為は(2017年)アップルを抜き2位に上がることに成功した」と述べた。2G、3G時代に存在感がなかった中国企業らは、広大な内需市場と莫大な政府支援を基に2010年代中盤以後に華為・小米・OPPO・vivoなどがスマートフォン市場の主導者に急速浮上した。 SAは現在のサムスン-アップル-華為の3強体制が、中国小米によりこわれる可能性があると展望した。小米の5G端末市場占有率は、現在の市場占有率の2倍に達しうると見通した。
http://japan.hani.co.kr/arti/

5Gを活用することで機械の遠隔操作のリニア性が高まり、映像を使った操作確認もより精緻に行えるようになる。このことは、コネクテッドカー(ネットワークにつながった自動車)の機能向上にもつながる。自動運転車の実用化に向けて進む自動車業界は、この新しいネットワークの恩恵を真っ先に受ける。自動運転車には、多くのコネクテッドデバイス間のさまざまなやりとりを促進できるネットワークが必要となる。信号、気象観測装置、横断歩道のすべてが、自動運転車に道路状況を伝えるネットワーク信号を即座に送信することによって、安全な運転体験が実現される事で、すでに実現に向け各社競争は激化している。セルラー回線技術の向上と進化に伴い、刺激的な変化が確実に起ころうとしている。このようなネットワークの変化によって、IoTも広く浸透し、生活のあらゆる面がデジタル領域と融合していくと期待している。

関連記事

[ 2018年12月03日 09:05 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp