韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  GMの大リストラ計画に激怒するトランプ大統領、矛先は日独にも

GMの大リストラ計画に激怒するトランプ大統領、矛先は日独にも

2018年12月6日、海外網は、ゼネラルモーターズ(GM)の大リストラ計画に激怒したトランプ大統領が、怒りの矛先を日本やドイツにも向けていると伝えた。 記事は、「GMが北米5カ所の工場を閉鎖し、計1万4000人の人員を削減する大規模なリストラ計画を発表したことに対して、トランプ米大統領が激怒している」と紹介。その怒りの矛先は、GMだけでなく日本とドイツの自動車産業にも向けられているという。

記事によると、トランプ大統領はツイッターで、「米国でピックアップトラックがよく売れるのは、輸入ピックアップトラックに25%の関税を課しているからであり、輸入小型車すべてに25%の関税を課せばGMは工場を閉鎖しなくても済む。したがって議会は賢くなって協力すべきであり、今その研究をしているところなので、日本とドイツは待っているように。米大統領はこの面で大きな権力を有しているのだ」との内容のツイートをした。

このツイートについて、記事は「トランプ大統領はこれより前、GMが米国工場を閉鎖するのに中国工場は閉鎖しないと不満を述べ、中国が標的となったが、今回の自動車への関税25%は中国とは少しも関係がない。なぜなら中国車はほとんど米国へ輸出されていないからだ」と指摘。「実際のところ、GMも今回のリストラについては電気自動車や自動運転技術へと転換するためのもので、時代の流れに逆行するなら淘汰されてしまうとしている。しかしトランプ大統領の怒りは収まらず、外国の自動車メーカーにその矛先が向かった」と分析した。

スポンサードリンク
記事は「トヨタやホンダ、フォルクスワーゲン、BMWなどは、きっとトイレで泣いていることだろう」とし、「日本とドイツにとって自動車は最大の輸出製品の1つであり、16年の自動車輸出額はドイツが1591億ドル(約17兆9800億円)、日本は991億ドル(約11兆2000億円)に達し、その一部が米国への輸出である。日独にとっては自動車関税が大きな打撃になる」と論じた。
https://www.recordchina.co.jp/

GMは北米5カ所の工場を閉鎖し、計1万4000人の人員を削減すると発表している。これに対してトランプ氏は「ゼネラル・モーターズとバーラ最高経営責任者がオハイオとミシガン、メリーランドの工場を閉鎖することに大変失望した」とツイート。「電気自動車を含むGMへの補助金は全額停止を検討している」と書き込んだ。さらに、「米国の小型トラック事業が好調なのは、海外から輸入される小型トラックに長年25%の関税が課されてきたからだ」「輸入車にも同じ措置を取れば、米国で生産される車が増えるはずだ」と投稿している。かつて経営破たんしたGMを連邦政府が救済した経緯を振り返り、「米国がGMを救ったというのに、そのお返しがこれか」と非難している。

GMは声明で、リストラは将来を見据えた成長戦略の一環だと強調。従業員の多くは別のGM工場に移るチャンスも与えられると説明している。GMの人員削減は、「米自動車業界の雇用を守る」というトランプ氏の公約に反する。だがその一方で、同社の収益を圧迫する原材料価格の高騰は、トランプ氏の対中関税政策が大きく影響しているのも事実。

関連記事

[ 2018年12月07日 08:27 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp