韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  大宇造船、4400億ウォン規模の海軍新型潜水艦救難艦を受注

大宇造船、4400億ウォン規模の海軍新型潜水艦救難艦を受注

大宇造船海洋が新型潜水艦救難艦(ASR-II)1隻を受注したと7日、明らかにした。契約金額は計4435億ウォン(約447億円)で、2022年末までに製作して海軍に引き渡す予定だ。

今回受注した潜水艦救難艦には潜水士が最大300メートルまで深海潜水任務を遂行できる装備が搭載される。また、潜水士の作戦遂行が難しい最大500メートルの海底でも遭難潜水艦の乗務員を救助できる新型深海救難艇(DSRV)、海底1000メートルで運用できる水中無人探査機(ROV)も含まれる予定だ。

大宇造船は1996年に任務を始めた韓国海軍唯一の潜水艦救難艦「清海鎮(チョンヘジン)」を建造した。今回の受注で潜水艦救難艦の建造経験を積めば、潜水艦と潜水艦救難艦をパッケージで輸出する機会を期待できるというのが大宇造船の説明だ。大宇造船は2011年、インドネシア国防省から1兆2000億ウォン規模の改良型潜水艦(1400トン級)建造事業を受注した。

スポンサードリンク
大宇造船のパク・ドゥソン特殊船事業本部長は「今年、防衛産業分野で10億ドル以上の受注に成功した。今後も持続的な研究・開発で同分野で毎年10億ドル以上を受注していきたい」と述べた。 大宇造船は今年に入って現在まで液化天然ガス(LNG)運搬船14隻など計42隻、60億4000万ドル(6兆7500億ウォン)相当の船舶を受注した。これは今年の受注目標値(73億ドル)の83%。
https://japanese.joins.com/

2016年に底を打った受注不振の余波が2年後となる今年に反映される。2017年の12月には、大宇造船海洋の鄭聖立社長が「過去のような造船業の超好況は二度とないだろう」と中央日報記者に話している。さらに、「造船業の好況は中国の高度経済成長のためだったが、すでにその効果は終わった」といている。2015年以降これまで大宇造船海洋に投じられた公的資金だけで10兆ウォンを超える。 「船舶代金を受け取れなかったのが2兆ウォンで、このほかに新産業投資損失、無理な受注競争にともなう損失、海洋プラント損失など複合的な原因が重なった」として経営の失敗を認めた。

興味深いのは、「現在船舶が原価以下で発注され、造船所ではいま受注を多く取るのは決して良いことではないとし、大宇造船海洋は来年、再来年にまでしわ寄せとなる状況を作ることはできないため低価格での受注は避けている」と話たことだ。 今まで赤字受注であることを認めた発言と言える。

関連記事

[ 2018年12月07日 18:47 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp