韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  米中貿易戦争に勝者はない…立石信夫オムロン元会長

米中貿易戦争に勝者はない…立石信夫オムロン元会長

トランプ米大統領と中国の習近平国家主席が12月1日にブエノスアイレスで会談し、米国が来年1月に予定していた追加関税措置を猶予することで合意した。米国の対中貿易赤字の縮小に向け、中国が米国から大豆などの農産品を早急に購入することや中国が液化天然ガス(LNG)などのエネルギーや産業製品を購入することも決まった。貿易戦争による両国経済に与えるダメージが拡大する中で、貿易赤字縮小を公約に掲げるトランプ氏と貿易摩擦の激化を回避したい習氏の思惑が一致したようだ。

米中貿易戦争がひとまず“休戦“となったことで、世界の経済人は皆ホッとしたことだろう。筆者も同じ思いを抱いた。実際、直後の世界の株式市場は急反発した。 ところが、知的財産権保護など中国の構造改革を巡る米中協議について、穏健派のムニューシン財務長官に代わって対中強硬派のライトハイザー通商代表部(USTR)代表が米側の責任者を務めると発表され、2019年2月末を期限とする90日間の協議が厳しい内容になりそうだとの見通しが強まった。

さらに、カナダ司法省が中国の通信機器最大手、華為技術の副社長を逮捕したことが明らかになった。米国が経済制裁を科すイランに製品を違法に輸出した疑いで、米当局が拘束を要請していたという。米国政府は今後、同社に制裁を科す可能性があり、米中摩擦の新たな火種になりそうだとの懸念から内外市場で株価が急反落した。

スポンサードリンク
トランプ大統領による対中関税引き上げなどの保護主義的な政策と中国の報復措置は、中国経済の減速を招いただけでなく、米消費者・製品物価の上昇や株価急落、大豆など農産物価格の急落などの形で米国自身に跳ね返り、米経済にも深刻な打撃を与えている。多くの企業の業績懸念とマーケットの変調は、好景気と株価の上昇を誇示してきたトランプ氏には想定外だった。米国では米中貿易戦争によるダメージを懸念した経済金融界の反発が強まり、これに中国側の報復に伴う農産品の大幅値崩れに直面する農業団体が呼応しているといわれる。 (略) このままでは日本をはじめ世界中がとばっちりを受けるのではと懸念する。
https://www.recordchina.co.jp/

今の中国は、経済成長が中所得国のレベルにまで達した後、停滞した状態となっている。また、余剰労働力が減少し賃金が上昇、労働集約型産業においてその国が持つ競争上の優位性が失われ始めている。中国の労働力はすでにインドやベトナム、インドネシアに比べて“安価”ではなくなっており、経済成長を妨げる圧力の一つとなっている。貿易戦争での敗北は、中国政府にとってはよくないことだ。一方自国民にとっては利益となり得る。米国からの輸入品にかけていた関税を引き下げれば中国の消費者にとっては商品の選択肢が増え、より安値で購入できる様になる。

貿易戦争は中国が不利になるほどに、不動産バブルの崩壊と住宅価格の下落の可能性が高まる。若い世代が手ごろな価格で住宅を購入できるようになる事で、家族の形成と個人消費の増加にとって重要な要素となる。中国政府にとっては、程々のラインでとどまるようにするだろう。

関連記事

[ 2018年12月09日 08:27 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp