韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  工場に新時代、クラウド利用の作業安全教育が増えている

工場に新時代、クラウド利用の作業安全教育が増えている

いつの時代にも、製造業にとって重要なテーマとなっているのが現場で働く従業員への作業安全教育である。今日の作業安全教育は小集団活動を通じて多数の危険要因を抽出し、リスク評価から安全対策を講じるリスクアセスメント(RA)手法が主流。従来のRAを一歩進め、作業手順書と危険源との相関関係からリスクを特定する新RA活動に取り組む企業もある。またRAと並行して、ヒヤリ・ハット報告活動やKY(危険予知)活動、パトロールなどを行い、相乗効果によって労働災害の撲滅を目指す企業が多い。

これらの活動は作業者の安全意識を高め、残留リスクを顕在化する対策としてきわめて重要だ。しかし、これまでの作業安全教育はすべてアナログ的手法に基づくものだった。IoT時代を迎えた今日、デジタル技術を用いる手段を考えるのは当然の流れだ。実際にここにきて、デジタル技術による活動のサポートを求める企業は増えている。 こうした点に着目し、作業安全教育をサポートするデジタルツールが登場している。その一つが日立産業制御ソリューションズが販売する「作業安全教育クラウドサービス」だ。デジタル技術を駆使して構築した現場作業に従事する作業者向けの教育システムだ。

スポンサードリンク
最近の作業現場の安全教育や作業手順教育の課題を整理すると、大きく次の3つが浮かび上がる。1つは作業イメージが作業員に伝わらないこと。紙マニュアルでは動作や操作など作業イメージを伝えきれず、事故事例の詳細が共有されずに、同じようなミスが起きてしまう。2つ目は外国人労働者への教育不足。日本語の指導やマニュアルを用いてもそれらが上手く伝わっていない。また多言語教材を毎回作成するには、費用がかかりすぎること。3つ目は、教育計画・履歴管理ができていないこと。作業員がどの教育をいつ受けたか履歴管理ができていないことや、各作業員の履歴状況を踏まえたフォローアップができていないことなどである。
http://news.livedoor.com/article/

記事では日本人上司が日本語で話したことがリアルタイムに翻訳され、さらにその言動が映像として残り、見たいとき、見せたいときに再現できることが望ましいが、同サービスソリューションはそれを実現した。上司の話をリアルタイムに音声認識して、英語や中国語、タイ語など各国の言葉の字幕付き動画をつくることが可能だとした。今後外国人労働者が増加することを考慮すれば重要となる。中小企業に勤めると、多かれ少なかれ、作業中の事故を目にする。作業指導を実施しても、常にそばにいるわけではない。材料持ち込みから段取り作業、本作業と、危険は多い。タブレットが機械に備え付けられ、AIによる、産業前点検から作業時の危険などなどと、作業者を認識しつつ、指導・放映し、実施を確認後、作業に移行する。

作業時の行動も録画され、異常時の判断で再指導を実施する等、今後の使い方にはいろんなメリットがありそうだ。上司に監視されるよりは、全員がそれぞれのタブレットを通じた監視の目と指導と言う面で能力を発揮すれば、効率よい作業が可能となる。適度に良い部分を活用し、製造の生産性と安全性に生かしてほしいものである。

関連記事

[ 2018年12月09日 12:06 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp