韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ルノーサムスン、釜山工場で小型EV「TWIZY」量産へ

ルノーサムスン、釜山工場で小型EV「TWIZY」量産へ

ルノーサムスン自動車は来年から電気自動車(EV)の「TWIZY(トゥイージー)」を釜山工場で生産する。同社は10日、釜山市、産業通商資源部(省に相当)とTWIZY生産に関する覚書を近く取り交わすことを明らかにした。

ルノーサムスンは来年1-3月から釜山工場で本格的にTWIZYを量産する。TWIZYは小型EVで、現在はスペインのバリャドリード工場で生産。韓国ではこれまで輸入車が販売されていたが、部品需給に支障があり、販売台数を伸ばすことができなかった。ルノーサムスンは釜山工場で年5000台を生産し、韓国国内だけでなく、アジア地域に輸出する計画だ。韓国で生産されるTWIZYはユーティリティーを一部追加するなど仕様を改善したものになる。生産設備を移転する期間を考慮しても、遅くとも来年3月には釜山工場での量産を開始できると期待される。

ルノーサムスン関係者は「TWIZYは韓国をはじめとするアジアでの販売が60%を占めており、韓国で生産するのが効率的だと本社が判断した。釜山工場で生産されるEVは2車種となり、今後はエコカーの生産拠点となるきっかけになり得る」と話した。
http://www.chosunonline.com/

スポンサードリンク
2018-12-11-k001.jpg

フランスRenaultは2018年7月4日、フランスで電気自動車(EV)を活用してカーシェアリングなどのサービスを提供すると発表した。2018年9月からサービスを開始し、2019年の終わりまでに合計2000台のEVを投入するとしている。Renaultは自社のEV「ZOE」、2人乗りの小型EV「Twizy」、EVバン「Kangoo Z.E」、大型EVバン「Master Z.E」を今回始めるサービスのために投入するとしている。サービスは提供範囲の居住者と、旅行者を対象に提供するとの事。 しかしルノーサムスンがTWIZYを製造する事で喜んではいられないのでは…。


関連記事

[ 2018年12月11日 09:34 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp