韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  中国でサービス中の韓国ゲーム9タイトルに不許可命令

中国でサービス中の韓国ゲーム9タイトルに不許可命令

中国政府が青少年の「ゲーム中毒」を予防するため、ゲームのサービス許可を多数取り消す強力な規制案を打ち出し、韓国のゲーム輸出がピンチとなりそうだ。中国国営・新華社通信のニュースサイト「新華網」が10日に明らかにしたところによると、中国当局は7日、共産党宣伝部の傘下に「オンラインゲーム倫理委員会」を設立、20のオンラインゲームについて審議を行い、このうち9ゲームに対して中国国内のサービスを不許可とする命令を下した。残りの11ゲームは問題点を是正した上でサービスの可否を再検討することにしたという。中国当局が今年初め、自国内の新規ゲームに対する販売許可発行を停止し、青少年の視力保護を理由とするゲーム総量制(総ゲーム利用時間制限)を導入したのに続き、再び強力な規制案を打ち出したものだ。

ただし、倫理委員会はサービス中止命令を下したゲームのリストを公開していない。また、新規サービスに対してサービス中止命令を下したのか、それとも既にサービス中のゲームまで中止したのかもはっきりしていない。 中国の相次ぐ規制措置により、中国への依存度が高い韓国のゲーム企業もピンチに陥りそうだ。韓国のゲーム業界関係者は「韓国のゲーム企業がサービス中止の通知を受けたという話はまだない。もし、サービス中のゲームまで中止となれば、一言で言って大災害となる」と語った。事実、大手ゲーム企業のネクソンは、中国のテンセントと共にサービスしているオンラインゲーム「ダンジョン&ファイター」により中国で年間約1兆ウォン(約1000億円)を稼いでおり、スマイルゲートはシューティングゲーム「クロスファイア」が売上高の80%を中国市場に依存している。

スポンサードリンク
韓国ゲーム学会のウィ・ジョンヒョン会長(中央大学教授)は「中国が自国ゲーム産業の保護を目的としているなら、どのような方法を使ってでも韓国を含む海外のゲームを問題視し、サービスを中止させる可能性がある」と指摘した。 中国当局が昨年から国内のゲームに対する販売許可を出していない中、ゲーム内容を審議する倫理委員会まで新たに設立されたことについても懸念の声が大きい。業界関係者は「中国当局が今後、ことごとく介入してくる余地が生じた。テンセントのような世界最大手のゲーム会社も中国の規制に揺らいでいる。国内ゲーム企業が一度引っかかったらつぶれてもおかしくない」と言った。
http://www.chosunonline.com/

韓中外交をしっかりできていないことで、中国で好調だといっている企業には、すぐ調整が入る。中国依存度が高い割には、中国外交を重要視しない文政権では、所詮無理だろう。貿易で一番重要な国が中国となる。いくらリスクを回避したところで、中国依存度は高いままとなる韓国であるから、日韓貿易で輸入した材料や中間財で、部品を作り、中国で製品化し、中国内或いは米国市場へ輸出するわけで、中国依存度を下げた時点で、企業は大低迷となる。サムスンなどは、スマホはまるで中国では売れていないわけで、米国に電化製品を売るサムスンとしては、米国に投資し、米国内工場比率を上げる事で対応が付く。大株主も米国であるから、米国に寄り添えばよいが、現代自はそうはゆかない。

他のサービス業やK-POPなどを含めた部分では、中国外交ができない限りは、追いだされるだろう。また日本を当てにされても困る、

関連記事

[ 2018年12月11日 12:31 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp