韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  運転者が意識を失うと車が自動停止…「5Gリモートコックピット」システム公開

運転者が意識を失うと車が自動停止…「5Gリモートコックピット」システム公開

目前に迫ってきた第5世代(5G)時代には、運転者が走行中に突然意識を失う危険な状況が起きても、安全に車を止まらせるインフラが作られる見通しだ。また、人が駐車場まで行かず、好きな場所で自律走行車を呼び出すことも日常の中で実現しそうだ。

KTは10日、韓国交通安全公団が構築した5Gネットワーク基盤の自律走行実験都市「K-シティ」で、走行遠隔管制システム「5Gリモートコックピット」を公開した。K-シティは、京畿華城市(キョンギ・ファソンシ)にある韓国交通安全研究院内の36万平方メートル(約10万9000坪)の敷地に設立された5G自律走行技術検証テストベッドである。

5Gリモートコックピットとは、5Gネットワークに基づいて、車両が他の車両、モバイル機器、道路などと情報を交換する技術である「5G-V2X通信」を通じて、車両と道路インフラを遠隔管制するシステムだ。走行中の車両から緊急状況が起きれば、管制センターが遠隔制御ですぐに介入して問題を解決できる。

KTはこれと共に、車に搭載された高解像度カメラを低遅延5Gと連動して、道路上の状況をリアルタイムで管制センターに送って制御できる「車両と交通インフラ間の無線通信(V2I)サービス」も披露した。

スポンサードリンク
SKテレコムも同日、スマートフォンに出発地と目的地を入力して車両を呼び出すと、自律走行車が出発地に自動でくる「5Gカーシェアリング(車両共有)自律走行車」を出した。また、車両に搭載されたカメラがリアルタイムで道路環境の変化を感知し、これを5G網を通じて自社の超高画質地図(HDマップ)に更新する技術も披露した。
http://japanese.donga.com/

日本では、国交省は世界初となる『ドライバー異常時対応システム』のガイドラインを打ち出した。昨今、疾病などにより発生する痛ましい事故も目立つ。従来は「居眠り運転」として処理されてきた事故の中に、疾病起因も多く含まれていることも世界規模で解明され始めている。これを防ぐ技術を作ると言う。意識を失う疾病は考えている以上に多い。挙げると1)心疾患 2)脳疾患 3)てんかんの発作 4)低血糖状態 5)貧血 6)不整脈 7)無呼吸症候群 8)メニエール症候群 等々。中には咳き込んだ時に失神することもあるという。決して特殊なケースでなく、加齢により誰にでも発生する可能性がある。

今回出されたガイドラインは、こういった状況の時に走行中の車両を安全に停止させようという狙い。センサーや技術の進化により、車両を安全に停止させることは技術的に可能となっている。いち早く車に取り入れてほしいものであるが…。

関連記事

[ 2018年12月12日 08:20 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp