韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  欧州議会、日EU経済連帯協定を承認…韓国の輸出が不利に

欧州議会、日EU経済連帯協定を承認…韓国の輸出が不利に

欧州議会は12日、欧州連合(EU)と日本の経済連携協定(EPA)を賛成474、反対156の賛成多数で承認した。来年2月1日に発効する見通しだ。 日本とEUは全世界のGDPの3分の1、世界貿易量の40%を占め、今回のEPAはこれまで締結された自由貿易協定のうち最も規模が大きいと評価される。

EU側は「今回のEPAで今後、双方間の貿易品目の多くの関税が撤廃され、EU企業は年間10億ユーロの関税負担を減らして価格競争力を持つことになった」と明らかにした。 特にEU産のワイン、チーズ、牛肉、豚肉、パスタ、チョコレート、ビスケットなどは即時または転換期間が過ぎた後、無関税で日本に輸出される。日本の欧州輸出主要品目の自動車と自動車部品に対する関税も撤廃される。これを受け、欧州市場で日本と競争する韓国の自動車業界などが直接的な打撃を受ける見込みだ。

韓国貿易協会は今年8月に公開した報告書「日EU経済連携協定が韓国の対EU輸出に及ぼす影響および示唆点」で、「日本とEUの自由貿易協定(FTA)にあたる日EU経済連携協定が発効すれば、日本製品の99%の関税が即時または順次撤廃され、これまでEU市場で無関税の恩恵を受けていた韓国の輸出が不利になるだろう」という見方を示していた。
https://japanese.joins.com/

スポンサードリンク
世界の国内総生産(GDP)の約3割を占める日欧の巨大自由貿易圏構想は最後のハードルを超え、来年2月1日に発効する見通しとなった。EPAにより、欧州は日本から輸入する自動車および自動車部品への関税が撤廃となる。日本は欧州産のワインやチーズの輸入関税を撤廃するほか、日本の公共事業入札にも参加できるようになる。金融サービス、通信、電子商取引、運輸などサービス分野も開放するとしている。

財務省が発表した2016年の貿易統計によると、日本の輸出総額は70兆392億円。輸入総額は65兆9651億円。差し引くと4兆741億円の貿易黒字を確保している。そのうち、EUへの輸出額は7兆9821億円。輸入額は8兆1361億円。1540億円の貿易赤字となっている。一方、米国への輸出額は14兆1431億円。輸入額は7兆3084億円。6兆8347億円の貿易黒字。アジアは、輸出額37兆1098億円。輸入額は33兆1883億円。3兆9215億円の貿易黒字。日本にとってアジア地域は、貿易相手地域として非常に大きな存在となる。

中国は、輸出額12兆3622億円。輸入額17兆153億円。4兆6531億円の貿易赤字となっている。この状態は変わらないのではと考える。一方日本にとってEUは、貿易相手国(地域)としては中国、米国に次ぐ3番手となる。EUへの輸出額1位の自動車は、現行10%の関税が8年目までに段階的に撤廃される。世界の新車販売数に占めるEVの割合は、2040年には5割を超えるのではないかとの予測も出ている。先を考慮すると、EV普及で自動車関税撤廃のメリットが薄れる可能性もある。

関連記事

[ 2018年12月13日 11:53 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp