韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  「ポッキーをもらえなかったから」?…韓国ロッテ役員のパワハラが物議

「ポッキーをもらえなかったから」?…韓国ロッテ役員のパワハラが物議

2018年12月14日、韓国・ハンギョレ新聞は、ロッテグループ系列広告代理店であるデホン企画の役員が部下たちを呼び出し、菓子を投げつけるというパワハラを起こしたと報じた。デホン企画はこの事件に対する調査に着手し今月10日に結果を発表したが、当該役員への懲戒はなく、被害者に対する謝罪を勧告した程度だったという。

記事によると、役員は11月21日、ソウル駅近郊に位置するビルの一室に職員4人を集めた。役員は11月11日の「ペペロデイ」(※日本でいうポッキーの日)に会社がイベントとしてペペロ(※日本のポッキーのような菓子)を配ったことに関し、「どうして私には誰もペペロをくれなかったのか」と約30分にわたって大声を張り上げ、ペペロを投げつけた。役員は「ペペロデイに誰も私にペペロをくれなかった。皆はもらっただろう?」「誰も私にくれたことがない。どうして!」など業務と無関係な言葉を叫んだという。

デホン企画準備経営チームは事件直後に職員たちから情報を受け、真相調査に入った。その間、当該役員は通常通り出勤し、情報提供者を探し出そうとしていたという。会社側は約3週間にわたる調査を終えた後、今月10日に当該役員に対し、代表取締役の名義で「被害職員たちに謝罪せよ」という内容の警告状を送り、この事件を丸く収めたという。

スポンサードリンク
事件現場にいなかった他の職員は「役員が部下に暴力的な行動をしたこと自体も問題だが、会社が役員のパワハラをきちんと取り締まっていない姿を見て、私もいつこんなパワハラに遭うかわからないという不安にさいなまれている」と話した。これに対してデホン企画側は「役員は一般職員と雇用契約形態が異なり、減給や停職のような懲戒を課すわけにいかず、当該職位を下げるほどの事件ではないと判断した。また当該役員は人がいない空間に投げたと釈明した」とし、「当時現場にいた職員が集まった席で当該役員が謝罪するなど、会社ができる最大限の措置をした」と述べた。
https://www.recordchina.co.jp/

一方で、11月11日は韓国では「ペペロの日」で、友だちや恋人にペペロをあげるというイベントだが、スーパーやデバートでもペペロを大々的に販売している。だが、そんなペペロから11月11日に、幼虫が大量に見つかったことが発覚した。ペペロには10匹前後の幼虫が付着しているのが確認されている。同製品は2011年、2013年、2015年にも虫が複数発見されている。

グリコのポッキーは、韓国ロッテのペペロを巡っり権利侵害で訴訟になっている。2015年8月に韓国裁判所がロッテの『ペペロプレミア』が日本の製菓メーカーのグリコ『バトンドール』のコピー商品という判決を出している。それにしても幼虫が毎年のように見つかっても対応しない韓国ロッテには困りごとだが…。この対応をするのが先だろう。

関連記事

[ 2018年12月16日 08:06 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp