韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  河野外相が異例の融和的発言「韓国の対応の難しさを理解」

河野外相が異例の融和的発言「韓国の対応の難しさを理解」

日本の河野太郎外相は16日、韓国大法院(最高裁)の強制徴用賠償判決と関連して、「韓国(政府)側の対応が難しいことは理解しており、せかすつもりはない」と述べた。これは、河野外相が訪問先のカタールで記者団に対し述べたものだとNHKが報道した。今年10月の大法院判決後、同問題について強硬発言を繰り返してきた河野外相が融和的な発言をしたのは異例のことだ。

河野外相はこれまで、「強制徴用賠償判決は暴挙であり、国際秩序への挑戦」と韓国を強く批判してきた。 河野外相の今回の発言は、今月12日の康京和(カン・ギョンファ)外交部(省に相当)長官との電話会談後に出た。したがって、両国間で関連協議が行われた可能性が取りざたされている。

また、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が14日、大統領府を訪問した韓日議員連盟所属の日本側議員らに会い、「今回の(大法院)判決は(1965年の)韓日基本協定を否定するものではない」と述べたことも影響を及ぼしたと見られる。文大統領はこの時、「十分な時間をもって政府と民間、専門家が集まって解決策を模索する計画だ」と語った。

スポンサードリンク
だが、河野外相がこれまでとは違う脈絡の発言をしたからと言って、日本の基本的な姿勢が変わったわけではない。河野外相は同日、「日本企業に対する不利益が生じないよう、(韓国側に)きちんと対応してもらう必要がある」「(個人)請求権の問題は日韓請求権協定で完全かつ最終的に解決済みで、国際的な合意事項を国内の司法がひっくり返せるとなったら、国際法の基本が崩れる」と述べた。
http://www.chosunonline.com/

太平洋戦争中の「徴用」をめぐる判決は認められないとして日本政府が、韓国政府に適切な措置を求めていることに関連し、河野外務大臣は、「韓国側の対応が難しいことは理解しており、せかすつもりはない」としながらも、日本企業に不利益のない対応が必要だという考えを重ねて示した。河野大臣は、「請求権の問題は日韓請求権協定で完全かつ最終的に解決済みで、 国際的な合意事項を国内の司法がひっくり返せるとなったら、国際法の基本が崩れる」と述べ判決は認められないとする日本の立場を重ねて強調している

韓国メディアは、異例の融和的発言と勝手に解釈しているのも自己都合な連中という事だろうか…。都合よく解釈するのが得意な韓国だが、日本政府は韓国に期待をしていない表れだろうし、無視に近い言葉にも感じるが、河野外相は韓国と関わりたくはないだろう。

関連記事

[ 2018年12月17日 09:00 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp