韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「エンジン欠陥で火災の危険大きい」…米国で現代・起亜自動車に集団訴訟

「エンジン欠陥で火災の危険大きい」…米国で現代・起亜自動車に集団訴訟

現代(ヒョンデ)・起亜(キア)自動車に対する集団訴訟が米国で起こされた。エンジンの欠陥により火災の危険が大きいという理由からだ。

ドイツの通信社DPAは現地時間14日、今回の集団訴訟を代理する法律会社ハーゲンスベルマンの話としてこのように報道した。米国の車両オーナーは「現代と起亜はエンジン欠陥を隠していただけでなく、その欠陥が深刻な安全リスクを提起するという点を明らかにしなかった」と主張した。

10月に米非営利消費者団体の自動車安全センターは4カ月間にほぼ1日1件ずつ現代・起亜自動車の車両の非衝突火災報告があったとし、車両290万台に対するリコールが必要だと促した。

車種は▽2011~2014年式起亜自動車「ソレント」と「オプティマ」▽現代自動車「ソナタ」と「サンタフェ」▽2010~2015年式起亜自動車「ソウル」だ。
https://japanese.joins.com/

スポンサードリンク
米国で現代・起亜自動車借主が複数車種のエンジン故障で深刻な火災の危険にさらされ問題視されている。「現代と起亜は、お客様に、エンジンの欠陥を積極的に消しただけでなく、その欠陥が重大な安全上のリスクを提起するという点を明らかにしなかった」として、集団訴訟に発展した。10月、米国の非営利消費者団体である自動車安全センター( CAS・ Center for Auto Safety)は、先に4ヶ月間、ほぼ一日一件の割合で現代・起亜自動車の車の、非衝突、火災報告があったとし、車両290万台への即時リコールが必要だと促している。

関連車種は2011~2014年式起亜ソレントとオプティマ、現代自動車のソナタとサンタフェ、2010~2015年式起亜ソウルだ。集団訴訟を代理するヘイガンズバーマンは、先にフォルクスワーゲンの排出ガス事態の時、消費者訴訟を引き受けたし、ゼネラルモーターズ(GM)とトヨタと関連事件も引き受け相当量の補償金を得たことがある。また火種が増えた現代自となる。

関連記事

[ 2018年12月17日 09:12 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp