韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  強制徴用判決めぐり日本の反発が和らいだ? 答えは「NO」

強制徴用判決めぐり日本の反発が和らいだ? 答えは「NO」

「(韓国大法院の強制徴用賠償)判決は暴挙であり国際秩序に対する挑戦」(11月6日)→「韓国側の対応が難しいことは理解している」(12月16日)

河野太郎外相による大法院(最高裁)の強制徴用賠償判決に対する発言だ。判決に対して、河野外相のトーンが和らいだことを受け、外交界ではさまざまな解釈が出てきた。大法院の判決が下された10月末以降、河野外相は「国際的な合意事項を国内の司法がひっくり返せるとなったら、国際法の基本が崩れる」「〔康京和(カン・ギョンファ)外交部長官が〕きちんとした答えを持ってこないかぎり来日されても困る」という強硬発言を繰り返してきた。韓日関係が冷え込んでいる局面で、河野外相が悪役を買って出ているという分析も登場した。だが、16日の発言レベルが変化したことをめぐり、韓国の一部からは日本政府の気流が変わったのではないかという期待混じりの反応が出ていた。康長官ら韓国外交部の度重なる自制要請に日本が応じたという分析もあった。

だが、日本政府の基調に変化はないというのが複数の日本側外交消息筋の共通した言葉だ。河野外相の口調が変わっただけであってその基調が韓国に友好的に変わったものではないということだ。

スポンサードリンク
匿名を要請した外交消息筋は18日、「日本外務省の対応基調が変わったわけではない」とし「日本側は依然として韓国政府が適切な措置を取るのを待っている」と述べた。ただ、河野外相が16日、韓国政府に「せかすつもりはない」と述べた言葉は注目に値するというのが日本外交界の反応だ。
https://japanese.joins.com/

韓国大法院(最高裁)の強制徴用賠償判決と関連して、「韓国(政府)側の対応が難しいことは理解しており、せかすつもりはない」と述べた。この一部の言葉だけで判断するから韓国メディアは都合よい記事となる。全体を読めばそうは感じないだろう。そもそも”せかすつもりはない”としただけで、韓国と付き合いたくはないという意志が良く伝わってくるが…。それだけ無視するという意味あいもある。いちいち韓国政府と付き合っているほど日本政府は暇ではない。やるべきことが山ほどあるわけで、韓国無視で外交するのが一番である。

関連記事

[ 2018年12月18日 15:31 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(1)
おとしどころ
おとしどころは、
「請求権を認めて、請求額を韓国政府が支給する」
これで決着する事案であるが、文在寅政権がそこへ
もっていかない。これは、未決着のまま、反日マター
として温存したい、というのが韓国側の戦術だから。

この論を持っている産経が韓国の日韓議連記者会見で
取材拒絶されたというから、韓国側にはことの全部が
分かっている。

日本政府側がこの決め手で迫るのが、日本側の
交渉カードで、日本側もこれを温存している。
どうも日本側にも断絶状態をそのまま維持したい
という力学があるように見える。
[ 2018/12/18 16:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp