韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  クールなサンタフェ…SUVとしては初年度で10万台を販売

クールなサンタフェ…SUVとしては初年度で10万台を販売

現代(ヒョンデ)自動車の中型スポーツ用多目的車(SUV)「サンタフェ」の人気が続いている。6日、内需「年間10万台」の販売を突破した中、サンタフェの1日の販売台数が現代自の大型SUV「パリセード(パリセード)」の発売後、かえって伸びていることが集計の結果分かった。

18日、現代自によると、17日現在、今月の一日平均のサンタフェTMの販売台数は437台だった。先月のサンタフェTMの一日平均販売台数(409台)より6%程度伸びたことが分かった。先月末、現代自のフラッグシップ(旗艦)SUVモデル・パリセードの韓国国内での事前契約が開始された後も販売台数が伸びたことになる。

今の傾向であれば、28日頃に単一SUVモデル基準で10万台突破が有力だ。最近記録を立てた「内需年間10万台突破」は、古いモデルの「サンタフェDM」と新型モデル「サンタフェTM」を合わせた数値だ。2月に発売された新型サンタフェTMだけを見れば、17日基準で9万5312台が売れ、10万台はまだ突破できていない。これまで国産車の中で、単一モデルで10万台販売を超えた車種は「モーニング」「アバンテHD・MD」「EF・NFソナタ」「HG・IGグレンジャー」、小型商用車「ポーター」ぐらいだった。

スポンサードリンク
自動車業界では、パリセードの公開後はサンタフェが停滞するだろうという見通しが出た。サンタフェ需要層の一部がパリセードに移るかもしれないという分析だ。パリセードは事前予約台数が2万台で、サンタフェTMの事前予約記録(1万4243台)を超えるなどした。現代自の関係者は、「SUV需要層が厚くなったおかげで、自分を寝食せず、サンタフェ、パリセードがそれぞれ異なる顧客を確保したと見られる」と分析した。
http://japanese.donga.com/

長年、韓国メーカーの「お手本」となってきたホンダなど日本車メーカーも、自動運転車や電気自動車(EV)など業界変化に向けた対応に苦戦している。10月発表された現代自動車の第3・四半期決算は、純利益が68%減少した。2011年には営業利益率が10.3%と、独BMWに次ぐ高水準を誇っていたが、今年1─9月期は2.7%に落ち込んだ。主要市場におけるSUVのラインアップが魅力に欠けることも、現代自動車にとって痛手となった。米調査会社オートデータによると、同社の米国販売に占めるSUVの割合は昨年36%にとどまり、GMの76%や業界平均の63%に対して、大きく見劣りする。

当時も今も変わらず課題となっているのは、(本社)経営陣のセダン重視路線となる。米国の製品プランニング部門やマーケティング部門の担当者は、トラックやSUVのさらなる投入を切望していたが、多くの場合、財閥経営陣を説得するのは難しいと言う。現代自動車が2020年に投入するクロスオーバー型ピックアップトラックなどの新型SUVによって、売り上げは「緩やかだが確実」に回復するだろう、と米国事業の最高執行責任者(COO)は語っている。しかし一度低迷路線に入った現代自は低迷路線から抜け出るどころか、品質問題で訴訟問題となり、後回しにしてきたツケに苦しんでいる。 特に品質問題は、今後さらに加速するのではないか。

関連記事

[ 2018年12月19日 09:06 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp