韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日本訪問外国人、初めて年間3000万人突破

日本訪問外国人、初めて年間3000万人突破

日本を訪れた外国人が18日、初めて年間3000万人を超えたことがわかった。 国土交通省は17日に関西国際空港で3000万人突破記念式を行った。石井啓一国土交通相は「外国人観客受け入れ環境を整備して観光資源を開発し、2020年に4000万人の目標達成に向け全力を尽くしたい」と話した。

日本政府は2003年から「ビジットジャパンキャンペーン」を始め、年間500万人にすぎなかった外国人観客数を増やすのに努力してきた。ビザ緩和など制度改善努力に加え、アジア諸国の消費水準上昇と格安航空(LCC)路線拡大などの影響を受けこの5年間に日本訪問観光客数は3倍に増えた。 今年は台風や北海道地震など自然災害により3000万人達成は難しいとの見方もあったが、災害復旧後に外国人観光が回復し最終的には年末に3100万人を突破すると予想される。

一方、韓国は2012年に初めて外国人観光客1000万人を突破し、2016年には1724万人で最多外国人観光客数を記録した。しかし2017年には中国とのTHAAD対立から始まった限韓令などの影響により中国人観光客が急激に減り、外国人観光客は1333万人に減った。
https://japanese.joins.com/

スポンサードリンク
政府は18日、2018年に日本を訪れた外国人旅行者が、同日時点で初めて3000万人を超えたと発表した。アジア諸国に対するビザの発給要件の緩和や、格安航空会社(LCC)をはじめとする航空路線の拡充などが追い風となり、訪日客の増加が続いている。yo読売新聞は、前年は2869万人とし、初めて1000万人を超えた13年から5年間で、ほぼ3倍に増えたと報じている。今年は豪雨や台風、地震など大きな自然災害が相次いだ影響で一時的に伸びが鈍化したが、その後は再び客足が戻っている。

日本政府観光局によると、17年の各国・地域の外国人旅行者数は、首位のフランスが8691万人、2位のスペインが8178万人で、日本はオーストリア(2946万人)に次いで12位だった。政府は、2020年に4,000万人突破を目指していて、今後は、欧米からの旅行者の掘り起こしなどがカギとなるとしている。 

一方の韓国は平昌五輪を前に、チケット購入など一定の条件を満たした中国人に対しノービザ入国を認め、五輪のチケット販売数を増やすと同時に、韓国への高高度ミサイル(THAAD)配備決定後に中国が適用したとされる「限韓令」により減少していた中国人観光客を呼び戻したい考えだったが、今年1~8月の中国人観光客数は305万人で、限韓令以前である16年同期(560万人)の54%に過ぎない。日本も韓国と同じく中国との摩擦があるが、中国人観光客は増加しているわけで、韓国は日本より観光コンテンツが劣ることを認め、中長期的な観点から観光政策を考え直す時期と考えるが…。

関連記事

[ 2018年12月19日 12:01 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp