韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国のインスタントラーメン輸出、今年初めて4億ドル超

韓国のインスタントラーメン輸出、今年初めて4億ドル超

韓国のインスタントラーメンの年間輸出額が今年初めて4億ドル(約4518億ウォン、約450億円)を超える見込みだ。

韓国農水産食品流通公社(aT)が19日に発表した「2018年11月の農林水産食品輸出動向および統計」によると、今年1ー11月のインスタントラーメンの輸出額は3億8500万ドルで、前年同期比11.2%増となった。

今年のインスタントラーメン輸出額を月平均に換算すれば約3500万ドルで、年内の4億ドル超は確実視される。米国では大型店舗での販売が増え、アジア系住民だけでなく米国主流消費者の需要が増加した。ベトナムなど東南アジアではSNSを通じて辛いインスタントラーメンが人気を呼んでいる。

一方、今年1-11月の農林水産食品の輸出額は85億600万ドルと前年同期比2.6%増で、国別輸出額は日本、中国、米国、ベトナムなどの順となった。
https://japanese.joins.com/

スポンサードリンク
2017年1〜11月のインスタントラーメン輸出先は中国が25.9%と約4分の1を占めて1位。以下、米国(12.3%)、日本(6.6%)、豪州(4.4%)と続く。12〜16年の5年間でも、最大の輸出先は中国となる。韓国のインスタントラーメンは韓流ブームにより東南アジアで人気が高まっている。業輸出先はアジアと米国にとどまらず、中東やアフリカでも増え続けている。

世界ラーメン協会が2014年に実施したインスタントラーメン消費量調査によると、中国大陸と香港が444億食で世界1位。2位がインドネシアで134.3億食。日本が55億食で3位。1人あたりの年間消費量でみると、韓国が72.8食で1位。日本が43.4食で2位。

韓国では今年初めて4億ドル超の輸出としている。輸出低迷の中で、インスタントラーメン輸出は好調だ。半導体以外の主力産業が低迷する中で、わき役のインスタントラーメン輸出は頑張っている。1人あたりの年間消費量のインスタントラーメン大国としては、踏ん張りどころだろうか…。

関連記事

[ 2018年12月19日 19:18 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp