韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国が初輸出したUAE原発、建設現場は「大荒れ」?

韓国が初輸出したUAE原発、建設現場は「大荒れ」?

2018年12月20日、韓国・朝鮮ビズは、韓国が初めて輸出したアラブ首長国連邦(UAE)のバラカ原発の建設現場の状況について「飲酒運転、セクハラ、暴言で大荒れになっている」と報じた。韓国のバラカ原発建設事業は20兆ウォン(約2兆円)を超える大型プロジェクトで、原発4基の工事の進捗(しんちょく)率は約91%に達している。3月に完成した1号機は来年末もしくは20年初旬に稼働を開始する予定だという。

記事によると、バラカ原発に派遣された韓国水力原子力の職員たちが現地で問題を起こし、韓国に戻されるケースが相次いでいる。ある職員は先月4日、現地の女性職員に対し数カ月にわたりセクハラ行為を繰り返していたことが発覚し帰国させられた。その他にも、3月には飲酒運転で摘発された職員が、5月には禁止されている酒類を搬入しようとして見つかった職員が、先月には同僚に暴言を吐いた職員が戻され、それぞれ懲戒処分を受けたという。

スポンサードリンク
さらに韓国水力原子力職員らの外国語能力も問題となっている。バラカ原発に派遣される職員の英語能力は「TOEIC700点以上」と定められているが、職員の約15%が基準に達しておらず、中には200点台の職員もいる。そのため「現地の関係者との意思疎通が困難」との指摘が出ているという。
https://www.recordchina.co.jp/

一方で、アラブ首長国連邦(UAE)で韓国が建設中のパラカ原子力発電所3号機格納建物に“亀裂”があるという。コンクリート壁内に注入した潤滑油のグリスが、壁の外側にできた空隙から漏れ出ているのが発見され、不良施工問題で工事期間の遅延と建設費用の増加となりそうだ。アラブ首長国連邦の原子力規制庁は、韓国の原子力安全委員会のようにアラブ首長国連邦の原子力公社エネク(ENEC)などを管理監督する連邦政府の機構となる。

厚さ100~120センチの格納建物の壁は、原子炉の異常などで内部の圧力が増加しても耐えられるよう、壁内に金属のケーブル“テンドン(腱)”を複数埋設する。コンクリート打ちを終えれば、鉄鋼材の円筒内に入れたテンドンを引き寄せ、壁に張力をかけるいわゆる「ポストテンショニンング」工法を使うが、この過程を容易にするため円筒内にはグリスを注入するとの事。結果、グリスが外壁で発見されたということは、壁に亀裂がある懸念が高い。 工事の不手際に記事のような態度対応では、韓国に原発工事など任せられないだろう。

関連記事

[ 2018年12月21日 11:15 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
平常運転
何を今更、韓国ではごくありふれた平壌運転でしょww

今後どれだけの違約金が発生するか楽しみだ。
[ 2018/12/21 22:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp