韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国経済に近づく米利上げの暗い影

韓国経済に近づく米利上げの暗い影

行き先は険しく、日は暗くなっている。現在、韓国経済が直面している状況だ。国内では主力産業の競争力弱化と反市場政策の余波で生産・消費・投資にわたって経済活力が急激に鈍化している一方、外では米国の利上げが続いている。米連邦準備制度理事会(FRB)は19日(現地時間)、政策金利0.25%ポイントを追加で引き上げた。世界主要国の流れとは違い、景気鈍化に陥っている韓国は金利を下げるべきときだが、米国は景気回復により金利を少しずつあげている。

韓国銀行が先月30日、1年ぶりに政策金利を1.75%に引き上げて韓米間の金利格差が狭まるかとみられたが、米国が一昨日2.25から2.50%に引き上げたことで両国間の金利格差は再び0.75%ポイントに広がった。こうなれば韓国も利上げ圧迫が強くなる。米利上げに伴う国内証券市場での外国資本離脱の可能性を遮断するためだ。 だが、そのような余力は大きくない。今年から来年まで韓国経済は2%台の低成長トンネルに引き込まれているからだ。むしろ金利を引き下げて景気を刺激しなければならない必要性も出てきた。だが、米国がこのまま利上げを続ければ国内でその圧力を避けるのが難しくなる。

スポンサードリンク
特に、1500兆ウォン(約149兆円)に達する家計負債は韓国経済の雷管になっている。貸付金利が上昇し続ければ消費は鈍化して都市銀行は不良債権に苦しめられることになる。低金利の時に増やした借金の逆襲が本格化しかねないということだ。さらに大きな問題はFRBが来年、利上げ回数を当初の3回から2回に減らしたことにしたという点だ。これだけ見ると速度調節なので好ましく見えそうだが、米景気回復動向も徐々に鈍化するという信号だ。輸出で食べている韓国にとってはうれしい便りではない。米利上げによるさまざまな暗い影が韓国経済を襲うことになりかねない。家計は負債を減らし、政府は果敢な投資活性化対策で押し寄せるパーフェクトストームを防がなければならないだろう。
https://japanese.joins.com/

投資家はパウエル議長と連邦準備制度にだめ出しのサインを送った。株式相場は下落し、債券利回りは低下した。株価急落について一部アナリストは、FOMCが利上げ終了のシグナルを発しなかったとの失望感が要因とした。来年の利上げ回数見通しは9月時点の3回から2回に減少した。それでも投資家の予想より多い。4兆1000億ドル(約461兆円)に上る保有債券の縮小計画を継続する方針としたが、最近の株式相場の波乱を受けて当局が信用引き締めにつながる同プログラムを停止すると投資家は期待していた様だ。

また、経済見通しで示された2020年の利上げ回数は1回に据え置かれ、同年中に利上げを打ち止めにする従来の想定が維持された。20年のGDP成長率は2・0%、21年は1・8%となるとみている。物価上昇率については、今年を1・9%と見通し、9月段階の2・1%から引き下げた。 韓国にとっては来年の不動産元本返済年と合わせて、家計負債の大暴発年となりかねない。

関連記事

[ 2018年12月21日 19:00 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
文在寅保有国
「ウリは文在寅保有国ニダ」とホルホルしてたよねww
韓国はムンムンと一蓮托生、地獄に落ちるがよい。
日本は救いの手を差し出さないからww

今、韓国に甘い顔をしたら、政権が吹っ飛ぶことを、安倍ちゃんはご存じだから。
万が一、韓国を助けたら次回の選挙は惨敗と覚悟しなさい。
[ 2018/12/21 22:00 ] [ 編集 ]
暗すぎるから
中央日報流の暗い、対策案のない社説です。
どうやら、真っ先に衝撃を受けるのは都市銀行か。
金利目当てで際限なく貸付けた市内金融が回収不能に。
これでどうだろう、
・徳政令で国民の借金ちゃらに
・最低賃金引下げ
・外国人労働者の受け入れ制度撤廃
・農業就労に支援金
[ 2018/12/21 22:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp