韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国駆逐艦が日本の哨戒機にレーダー照射、日本の抗議に韓国軍困惑

韓国駆逐艦が日本の哨戒機にレーダー照射、日本の抗議に韓国軍困惑

「韓国海軍駆逐艦が20日、石川県能登半島沖で警戒・監視任務を遂行していた日本の自衛隊哨戒機を火器管制用レーダーで照射した」と日本政府が21日、主張した。日本の防衛省はこの駆逐艦を広開土大王(クァンゲト・デワン)級駆逐艦(3200トン)だとしている。

岩屋毅防衛相は同日午後、記者会見を開き、「20日午後3時ごろ、能登半島沖で、韓国海軍の駆逐艦が、警戒監視活動に当たっていた海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制用レーダーを照射した」「レーダーの照射は、基本的に火器(ミサイルなど)の使用に先立って実施する行為だ。これを相手に照射することは不測の事態を招きかねない極めて危険な行為だ」「本事案の重大性を考慮して韓国側に同日、(外交ルートを通じて)抗議するとともに、再発防止を求めた」と述べた。

日本外務省の官僚は、韓国側の行動は「ありえない行動だ」と非難した。NHKによると、複数の日本外務省幹部が「友好国なのにありえない事態だ」「これまで韓国軍との間でこのような問題が起きたことがなかっただけに、韓国軍の意図を調査する必要がある」と語ったという。産経新聞は「照射は攻撃を前提とする行為」と報じている。
http://www.chosunonline.com/

スポンサードリンク
火器管制レーダーは、艦艇や航空機がミサイルなどを発射する際、標的の方向や距離を測定するために電波を放射する装置で、照射は武器使用に準ずる行為とされている。過去には中国海軍艦艇が2013年、東シナ海で海自の護衛艦などに照射し、日本政府は中国側に強く抗議した事例がある。政府関係者によると、P1哨戒機の搭乗員が無線で意図を問い合わせたが、駆逐艦からは応答はなかったという。

防衛省によると20日午後3時ごろ、韓国海軍の駆逐艦「クァンゲト・デワン」級が警戒監視活動に当たっていた海自厚木基地(神奈川県)所属のP1にレーダーを照射した。日本の排他的経済水域(EEZ)内で、島根県竹島からは距離があったという。韓国国防省は「日本の哨戒機を追跡する目的でレーダーを運用した事実はない。誤解がないよう説明する」とコメントしたとの事。

日韓関係は日本企業への賠償命令が相次ぐ元徴用工訴訟を巡り冷え込んだなかでの行為である。さらに悪化する可能性もある。今の韓国は暴走寸前の状態。経済低迷で政府への不満と雇用悪化を受け、自国軍を含め、異常値と言える状態であるから、何をするかわからない。

関連記事

[ 2018年12月22日 09:07 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
韓国は「仮装敵国」ではない、正面敵国である。
海自の対応は手ぬるい。断固反撃あるのみ。
国際法上に見ても反撃になんら問題は無い。
今まで韓国(朝鮮)を甘やかしていたツケがふりかかっていると知るべし。

韓国は主敵である。
殲滅あるのみ。
[ 2018/12/22 16:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp