韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国製のEVバス、チリの首都に進出

中国製のEVバス、チリの首都に進出

中国自動車メーカー・比亜迪(BYD)の「K9」バス100台がずらりと並んでいる。真新しい車体は日差しを浴びて輝き、「100%電動」というスローガンが目を引く。チリの首都サンティアゴのオイギンス公園で、比亜迪のEVバスの引渡し式が開催された。チリのピニェラ大統領が出席し、現場で試乗した。人民日報が伝えた。

ピニェラ大統領は中国製のEVを高く評価し、「このバスは静かで汚染がなく、CO2やその他の温室効果ガスを排出しない。さらに無料のWi-Fiと携帯電話用USB充電が使用でき、チリ公共交通の新時代を切り開いた。サンティアゴはこれから中国以外において、EVバスの数が世界で最も多い都市になる」と述べた。 中国自動車メーカーが海外にこれほど大量のEVバスを一度に引渡したのは、今回が最大規模。宇通客車による100台のバスも来年1月にチリに到着する。中国ブランドのEVバス200台がサンティアゴを走ることになる。

K9の全長は12メートルで、比亜迪が独自開発したリン酸鉄リチウムバッテリーを搭載。航続距離は250キロ以上。高効率、エコロジー、ゼロエミッション。完成車は中国で製造し、その後45日の海上輸送を経て、11月末にチリに到着した。

スポンサードリンク
現地のバス事業者は昨年11月、イタリア電力公社を通じ比亜迪のEVバスを2台導入し、チリ公共交通の「グリーン化」の一歩目を踏み出すと、直ちに現地で広く注目を集め好評を博した。チリの現地紙によると、この2台は試験運行中に素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた。故障率はわずか0.77%で、走行距離は累計10万6000キロに上り、延べ35万人の乗客を輸送した。
https://www.recordchina.co.jp/

沖縄で、クルーズ客船の船舶代理店業務を行っている有限会社沖縄シップスエージェンシー(那覇市)が、自動車、IT製品などを製造する中国大手BYDの電気バス10台を導入し、2018年春から運行を開始している。暑い沖縄では、待機中にエアコンをかけるため、ディーゼルエンジンのバスでアイドリングをしていると排ガスが臭く、お客に不快感を与えるという理由でクリーンな電気バスが選択された。

ロンドンやニューヨークなどの主要都市で導入され、安定運行とエコ性能が評価されているBYD製の電気バス。価格も欧州ライバルメーカーの輸入車よりも2割ほど安く、走行距離も長いということで、今後日本でもさらに導入が進むとみられる。走行距離は、1充電 250km以上(エアコン使用時)で価格は、6500万円との事。

関連記事

[ 2018年12月23日 08:07 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp