韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  三星の次世代映像「HDR10プラス」、欧州までサービスを拡大

三星の次世代映像「HDR10プラス」、欧州までサービスを拡大

三星(サムスン)電子が独自に開発した次世代映像規格技術「HDR10プラス」のグローバル領域が拡大している。23日、三星電子によると、アマゾンが流通するHDR10プラスプレミアム映像ストリーミングコンテンツは、既存の約100件から1000件に増えた。HDR10プラスは、シーンごとに明るさとコントラストを最適化して、明るい部分はさらに明るく、暗い部分はより暗く表現することで、映像の立体感を高める技術だ。三星電子が10月に発売したアマゾンのストリーミング受信機ファイアスティック4Kにも、HDR10プラス機能を拡大・導入した。映画制作会社ワーナーブラザースは、これまで70本以上のHDR10プラスコンテンツを制作した。

欧州コンテンツ事業者「楽天」と東欧地域の「MEGOGO」も、来年上半期にHDR10プラスサービスを開始する予定だ。ロシアのコンテンツ事業者「IVI」も今月から、ロシアで初めてHDR10プラス映画サービスを開始した。今年、韓国、米国、日本にHDR10プラスの認証センターを構築した三星電子は、近いうちに中国にも認証センターを設立して、テレビメーカーやコンテンツ事業者のHDR10プラス認定プログラムへの参加を本格的に支援する予定だ。
http://japanese.donga.com/

スポンサードリンク
20世紀フォックス、パナソニック、サムスンらが推進するHDR(ハイダイナミックレンジ)映像の共同規格「HDR10+」の進捗状況や新ロゴが今年1月5日発表された。コンテンツ会社や、テレビ、Blu-rayディスクプレーヤー/レコーダ、セットトップボックスの製造会社、SoC製造会社など向けのライセンスを開始した。Amazonがプライムビデオで対応したほか、新たにWarnerが'18年にHDR10+対応の作品の発売を決めている。

ltra HD Blu-ray(UHD BD)などで利用されている「HDR10」は、静的なトーンマッピングを行なうが、「HDR10+」は、シーンにあわせて動的なトーンマッピングを行なう「ダイナミックトーンマッピング」を採用。フレーム間またはシーン間の輝度、彩度、コントラストのシーンバリエーションを反映し、ディスプレイの画質を最適化。視聴体験を向上させる。HDR10+は、デバイス認証プログラムで機器を認証し、コンテンツ製作者の意図通りに、コンテンツを正確に表現することを保証するものだ。また、コンテンツ製作者に提供するワークフローの改善により、より多くのプレミアムHDRコンテンツを製作可能になる。

HDR10+ライセンスプログラムは、高画質を維持しつつ、各メーカーが独自のダイナミックトーンマッピングを適用できるように、HDR10+テクノロジ実装のために必要な技術仕様とテスト仕様を、HDR10+に関心のある企業に提供する。製品が認定されれば、HDR10+ロゴを製品につけることができ、ロゴの付いた製品は優れた画質で再生可能となる。

関連記事

[ 2018年12月24日 08:46 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp