韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  中国のビューティー市場で韓国製品のシェア急落

中国のビューティー市場で韓国製品のシェア急落

中国で韓国化粧品(Kビューティー)の位置づけが揺らいでいる。中国のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)・電子商取引ビッグデータ分析スタートアップのメジャーチャイナが中国主要オンライン通販サイトのビッグデータを収集・分析したところ、今年はこうした流れが目立った。 メジャーチャイナは23日、「中国内売り上げトップ1000ブランドのうち韓国ブランドが占める割合は5月の12.2%から9月には10.5%、11月には1桁台の8.8%まで落ちた」と明らかにした。

業界が通常中国市場でのシェアを10~11%前後と捉えているのに満たない数値だ。その上11月は光棍節(独身者の日)で消費が最も活発に起きる時期という点を考慮すれば体感する減少幅はさらに大きいとみられる。 メジャーチャイナは5月から11月までタオバオとTモール(各グローバルサイト含む)で販売された3万5000件の化粧品ブランド、2100万件の個別商品、5億5000件のデータを分析対象とした。両通販サイトは韓国の通販サイトと異なり各販売者が商品別の売り上げを公開している。両社を合わせると中国の化粧品オンライン取引で売り上げ70%占めており、中国内のブランド市場シェアと流れを把握するのに重要な基準になる。

スポンサードリンク
売り上げトップ20のうち、韓国ブランドは「后」(15位)と「イニスフリー」(17位) の2つだけが順位に入った。Kビューティーを代表するアモーレパシフィックの「ラネージュ」は38位、「雪花秀」は49位だった。1~7位はエスティローダー、ロレアル、資生堂などグローバルブランドが占め、中国ブランドも7件含まれた。
https://japanese.joins.com/

中国はすでに世界一の美容産品生産国であり、同時に世界第二の化粧品消費国でもある。全国の美容室などは200万軒を超え、就業人口は2000万人に達する。売上は6000億元以上、そのうち製造業は3000億元以上である。さらに綱要は2020年の見通しについて、売上は1兆元、就業人口は3000万人、上場企業は100社以上、美容産業園区10カ所以上に増加する。そしてリーディングカンパニーの売上は500億元を超えるだろう、と述べている。現代における中国人の化粧品消費水準は、東南アジアの国々よりは高いが、欧米や日本・韓国等の先進国に比べればまだ低い。例えば、化粧品の一人当たり消費額は、米国の10分の1、日本の20分の1に過ぎない。

韓国系化粧品は、中韓FTAにより輸入関税は低い。しかし日本はそうした状況でもイメージ戦略で圧倒している。中国人女性の間で日本の美容サービスへの関心が高まっている。都市部で日本流を意味する「日式」をうたう美容サロンが増える一方、日本で本格的な美容サービスを受けたいというニーズも拡大している。訪日旅行ブームで日本に好印象をもつ消費者が増えていることを背景に、中国の都市部では近年「日式」をうたう美容室やエステ、ネイルサロンの開店が相次いでいる事などが背景にある。

関連記事

[ 2018年12月24日 09:11 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp