韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国自営業者受難時代…今年の廃業、初めて100万件超

韓国自営業者受難時代…今年の廃業、初めて100万件超

庶民経済の核心である自営業者がため息をついている。統計庁によると、自営業者が大半の「非賃金勤労者」は今年8月に682万2000人となり、前年に比べて3万6000人減少した。特に景気に敏感な卸小売業従事者は1年前に比べて3.6%減の143万4000人と、関連統計の作成が始まった2013年以降最も大幅に減った。就業者全体のうち非賃金勤労者の比率は2008年の31.8%から今年は25.5%まで落ちた。

ビン・ヒョンジュン統計庁雇用統計課長は「自営業者数が減少したのは、景気が悪化して消費心理が冷え込んだ影響を受けたため」とし「卸小売業中心に限界にあった自営業者の廃業が増えたと分析される」と説明した。 特に相対的に「安全地帯」と評価されてきたエンジェル・イン・アス、VIPS、自然別曲、オルバンなど大企業ブランドの外食フランチャイズも廃業する店舗が増えている。零細自営業者に続いてこうした店舗までが厳しい状況を迎え、小商工人連合会は今年廃業する自営業者が過去初めて100万人を超えると予想している。

廃業者数は2015年(79万50人)から増え始め、昨年は90万8076人にのぼった。これを受け、開業に対する廃業数を表す自営業廃業率は2016年の77.8%から今年は90%に迫る見込みだ。10人が店舗をオープンする間に9人が閉鎖しているということだ。

スポンサードリンク
自営業者の負担を重くするのは最低賃金だけでない。韓国銀行(韓銀)によると、今年4-6月期末基準で自営業への貸出は590兆7000億ウォンと、6カ月間に41兆5000億ウォンも増えた。家計負債増加率が鈍化する中でも自営業者への貸出は急速に増えているのだ。
https://japanese.joins.com/

一方、来年に経済活動人口の崖が近づく。1950年代後半~1960年代初期に生まれたベビーブーム世代のリタイアが本格化する。来年に満60歳の定年を迎える人口は過去初めて80万人を超えると中央日報が報じている。。2034年まで年平均88万人が仕事場を離れる。韓国の人口の27%、生産可能人口の38%が16年以内に生産現場からいなくなる。統計庁は、来年満60歳となる1959年生まれは84万9000人に達し、満60歳到達人口が80万人を超えるのは初めてとなる。今後16年間ほぼ毎年80万~90万人がリタイア年齢に進入することになる。

急激な高齢化社会に加えて、貧弱な年金システムに、大きくのしかかる家計負債は、零細企業の負債まで計上していない。現実は150兆円規模をはるかに超えると予想する。この状態で来年の不動産元本返済年を迎えるわけで、米国金利の上昇もさることながら、異常事態の2019年となる。文政権下で対応策を考慮しているのだろうか…。

関連記事

[ 2018年12月24日 12:31 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp