韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  設計ミスを隠しうそをついたBMW

設計ミスを隠しうそをついたBMW

相次ぐ火災事故で韓国国民の不安を増幅させたBMWの車両にはエンジン設計に欠陥があり、同社がそれを知りながら、隠ぺいや事態縮小を図り、リコール(回収・無償修理)を遅延させたとする韓国国土交通部(省に相当)と官民合同調査団の調査結果がまとまった。

調査団はBMWコリアを刑事告発し、リコール遅延について、112億ウォン(約11億円)の課徴金支払いを命じることを決めた。今年夏に相次いだ車両火災について、BMWは当初、「運転者が管理を怠ったため」「安全点検ミス」あるいは「原因未詳」だとして、事態の縮小を図ったが、結局は車両の欠陥と判明した。

調査団は4カ月にわたる調査の結果、BMW車の排気ガス再循環装置(EGR)の冷却装置の容量の設計が小さ過ぎたと指摘した。そのため、冷却水が沸騰し、それが原因で冷却装置に亀裂が生じ、火災原因になったと分析した。調査団によれば、ドイツのBMW本社は2015年の段階で設計ミスを把握し、対応チームを発足させながら、事実関係を隠していた。ドライバーの生命や安全と直結するような欠陥を3年も隠ぺいしていたとすれば、問題は非常に深刻だ。

スポンサードリンク
BMWは設計ミスではなく、「再循環装置の耐久性に欠陥があった」とする立場を守っている。BMW本社による再循環装置の容量設計ミスではなく、再循環装置を納入したメーカーのミスだとの主張だ。しかし、たとえBMWの主張通りに部品の問題だとしても、車に欠陥があることに違いはなく、その責任はメーカーであるBMWが負わなければならない。それでもBMWは欠陥の事実を縮小したり、部品メーカーの問題だと論点をすり替えたりして、責任を免れようとしている。世界の高級車市場で1-2位を争う世界的なメーカーとは思えない。
http://www.chosunonline.com/

朝鮮日報は、今年前半の登録車両1万台当たりの火災件数は、BMWが1.5件で、国産車、輸入車を通じて最多だ。起亜自動車(0.69件)の2倍以上に達すると報じている。起亜自動車(0.69件)の原因は何か公表してほしいものだが…。いずれにしても韓国で多発すること自体、韓国特有の問題も含まれるのは事実。起亜自動車も火災を起こしているわけで、措置たも問題だろうと思うが。

一方、調査団が出火の原因として、排ガス再循環(EGR)装置の冷却装置の設計問題を指摘したことについて、「冷却水の漏れは亀裂によるもので、設計の欠陥ではない」と反論している。「調査の結果、ごくまれに発生する本件の車両火災の根本的な原因はEGRクーラーの水漏れであることがあらためて確認された事になる。

関連記事

[ 2018年12月25日 09:30 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(1)
BMW車の欠陥?
BMWの車は日本でも随分走っていますが火災を発生させる欠陥?
聞かないなぁ~。
現代・起亜車の欠陥は耳に入ってくるのだが?
[ 2018/12/25 14:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp