韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ロシアで絶好調の現代起亜自、今年の販売台数が40万台を超える見通し

ロシアで絶好調の現代起亜自、今年の販売台数が40万台を超える見通し

今年海外市場で販売不振を経験した現代・起亜(ヒョンデ・キア)自動車が、ロシア市場で笑った。相次ぐヒット作を出したことで、今年は40万台を超える過去最大の販売台数を上げる見通しだ。

25日、現代・起亜自動車によると、先月起亜自動車のロシアでの販売台数は2万1011台で、昨年の同期間(1万6106台)より30%が伸びた。現代自も1万5284台から1万5882台へと4%が伸びた。今年1~11月の累積販売台数を見れば、起亜自動車は20万9503台で、前年同期(16万8736台)比24%が伸びた。現代自も14万2881台から16万3194台へと14%が伸びた。両社を合わせると、計37万2697台で、年末まで40万台の突破が有力となっている。これは2013年に37万9171台でピークに達して以来、最も高い数値だ。

実際、現代・起亜自はロシアで「国民車」並みの人気を博している。1月から11月までの累積販売台数が、起亜自は現地で2位、現代自は3位となっている。首位はロシアの地元ブランド「ラーダ」(32万4797台)で、4位はルノー(12万8965台)、5位はフォルクスワーゲン(9万4877台)だ。日本ブランドはトヨタが6位、シュコダが7位、日産が8位だった。

スポンサードリンク
現代・起亜自のこのような「逆発想の勝負」は、ロシア国民に良い印象を残してしっかりとした販売実績につながった、というのが自動車業界の分析だ。ロシアの自動車販売台数は、2012年に年間293万5111台でピークに達したが、その後下落を重ねた末、昨年から再び回復に入った。現代自は今年7月、全世界に「圏域本部」を設置したが、ロシアにも圏域本部を立ち上げて自主経営体制を強化した。
http://japanese.donga.com/

2018-12-26-k001.jpg

ロシアの自動車産業は、年間生産数は150万台程度。ロシアの自動車メーカー、アフトヴァースが製造販売する「LADA」の最新車種ではロシア国内での評判が上がってきたとは言え、質的には日本ではあり得ないレベルとなる。LADAの最新機種が評判を上げているのも日産ルノーグループの支援の結果で、ロシアの自動車産業は海外の自動車産業に依存している。

一方で、ロシア ノリリスクの鉱脈があり、そこに含まれる白金族元素の量が通常ではあり得ないほど多い。この鉱山を所有しているノリリスクニッケル社は、世界最大のパラジウム生産者であり、世界第2のニッケル供給者でもある。さらに、プラチナでも世界の10%近くを供給する大供給者で、銅ではトップ争いには入らないものの世界10位くらいの大供給者である。

エンジンの後ろに触媒コンバーターと呼ばれる窒素酸化物や有機物や一酸化炭素を分解する装置を取りつけている。窒素酸化物は還元、有機物や一酸化炭素は酸化という真逆の反応で無害化するが、触媒コンバーターには酸化・還元の両方を一度に行う三元触媒という優れものの触媒が仕込んである。この触媒に白金族元素のプラチナ、パラジウムなどが使われている。日本の自動車産業は2016年にプラチナ10.3トン、パラジウム26.7トンを使用している。プラチナ産出量は1位南アフリカ、2位ロシア、3位ジンバブエである。南アフリカだけで産出量の7割を超え、ロシアが加わると8割を超え、ジンバブエが加わると9割を超える。

関連記事

[ 2018年12月26日 09:06 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp