韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  来年から変わる制度 最低賃金引き上げ・6歳未満に児童手当

来年から変わる制度 最低賃金引き上げ・6歳未満に児童手当

韓国企画財政部は26日、2019年から変更される制度や法規をまとめた冊子を刊行したと発表した。来年の最低賃金は時給8350ウォン(約820円)に引き上げられる。6歳未満のすべての子どもを対象に月10万ウォンの児童手当が支給され、低所得の高齢者の基礎年金は月30万ウォンに増額される。

雇用形態と国籍にかかわらず勤労基準法上の労働者すべてに適用される最低賃金は、19年1月1日から時給8350ウォンと前年比10.9%上がる。文在寅(ムン・ジェイン)政権発足から2年で29.1%の引き上げとなる。政府は最低賃金引き上げによる零細事業主の人件費負担の増大を緩和するため、一定規模以下の事業体に交付する補助金を増額する。また、小規模事業者と自営業者のクレジットカード手数料率が1月31日から引き下げられる。19万8000店の加盟店が手数料負担緩和の恩恵を受ける見通しだ。

政府は来年から、親の経済的な水準に関係なく満6歳未満のすべての子どもを対象に、普遍的な権利として月10万ウォンの児童手当を支給する。4月からは所得が下位20%に属する約150万人の高齢者に支給する基礎年金を、従来の月25万ウォンから30万ウォンに引き上げる。

スポンサードリンク
勤労奨励税制(EITC)の見直しに伴い、政府は来年334万世帯に計3兆8000億ウォンの勤労奨励金を支給する。財産・所得などの要件を大幅に難和し、支給対象と最大支給額を拡大する。政府は住宅価格の高騰を受け、住宅分の総合不動産税の最高税率を3.2%に引き上げる。3戸以上の住宅所有者と、規制地域の2戸以上の住宅所有者が対象。また、総合不動産税の課税対象額(課税標準)に新たな区分を設けたり、税率を引き上げたりする。同税の引き上げ対象は21万8000人となる。
来年、欠陥のある新車に対し一定の要件が認められれば交換・返品を可能にする制度が施行される。
http://www.chosunonline.com/

6歳未満の子供を対象に月10万ウォンの児童手当を支給し、4月からは所得が下位20%に属する約150万人の高齢者に支給する基礎年金を、従来の月25万ウォンから30万ウォンに引き上げる。素晴らしい制度の様だが、金額をみれば微々たる補填となる。政府は最低賃金引き上げによる零細事業主の人件費負担の増大を緩和するため、一定規模以下の事業体に交付する補助金を増額するというが、中小企業改革にはほど遠い。単に税金のバラまきに過ぎない。

不足分は増税となるわけで、若者にとっては高齢者負担は増えるばかりとなる。年金システムは満額支給になるまでに不足し、無くなるのではないかと言う懸念もある。社会システムと環境が伴わないのでは、わずかな金を支給したところで生活は変わらない。

関連記事

[ 2018年12月26日 16:18 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
財源もないのに理想だけを追求するとどうなるか?という社会実験ですね!日本の民主党政権時代を思い出しました。そしてこの政権があと3年以上も続いたあとがいったいどうなるのかが楽しみです。
[ 2018/12/26 17:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp