韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  英研究機関「韓国経済は26年に世界10位、統一なら6位に」

英研究機関「韓国経済は26年に世界10位、統一なら6位に」

英国のシンクタンクが、2026年に韓国が世界の経済ランキングで10位圏に入り、北朝鮮との統一が実現する場合は2030年代に英国とフランスを抜いて6位に浮上するとの見通しを示した。 英シンクタンク、経済ビジネスリサーチセンター(CEBR)が26日(現地時間)に発表した「世界経済リーグテーブル(WELT)」によると、韓国は26年に世界の経済ランキング10位に入る見通しだ。CEBRは昨年、韓国が22年に10位に浮上するとの予測を発表したが、今年は昨年の予想より4年遅れるとの見通しを示した。

CEBRは「韓国は急成長しているアジアの富裕国の一つで、国内総生産(GDP)は隣国の日本を急追している」として「1997年の経済危機を乗り越え、情報通信技術(ICT)産業のハードウエア部門で世界トップレベルを走っている」と評価した。 CEBRは、このところ南北関係が改善している点に注目し、南北統一が実現した場合、経済規模が2030年代に世界6位レベルに達するとの予想を示した。リポートでは「われわれは韓半島(朝鮮半島)が今も過去と同じ状況にあるとみているが、統一に向けた肯定的な動きがわれわれの予測を劇的に変えるだろう」と説明した。 また、韓国が北朝鮮と統一すれば、18-23年はGDPが年間2.7%成長し、23-33年には3.0%成長すると予測した。

スポンサードリンク
CEBRは中国について、昨年の予想より2年遅い32年に米国を抜いて世界経済の1位に浮上するとの予想を示した。2年遅れるのは、米国との貿易戦争によって貿易収支が悪化するのに加え、人民元安が続いているからだ。 英国は欧州連合(EU)離脱の余波で、19年にはフランスに6位の座を譲るとみられている。しかしCEBRは、20年には混乱が収まって英国が再び6位を奪還し、26年までフランスに抜かれることはないとの見通しを示した。
http://www.chosunonline.com/

朝鮮日報はよくこういう記事が書けると感心する。崩壊近い国が、北朝鮮との統一が実現する場合は2030年代に英国とフランスを抜いて6位に浮上するというのも不思議な話である。都合の良い記事は自社で説明を掲載しない。今の現状で、説明書きの掲載は危険極まる内容となる。なぜなら主力産業の見通しは無いわけで、サムスンとて生き残っても、大株主の米国に移転する可能性もある。現代自などは世界企業傘下となる可能性もある。まして統一計画のロードマップすらないのでは、統一後に世界が朝鮮に投資するのかは未定となる。現状で、北と南の汚染された土地をインフラするだろうか…。大国への輸送拠点と化すのは事実としても、大国編入としての輸出入拠点と化す可能性のほうが大きいのでは。

関連記事

[ 2018年12月27日 08:20 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(3)
その頃に国があるかどうかも分からないきがします。
世界最貧国の北朝鮮のレベルになる気がします。
[ 2018/12/27 08:56 ] [ 編集 ]
世界の10位て下から?
2026年に韓国が世界の経済ランキングで10位圏に入り・・・・と言われても2019年韓国の全ての産業が行き詰まり崩壊して行く事が確実視されているので2026年には世界最貧国10位圏内も夢では無い。
気合を入れて突っ走れ!
[ 2018/12/27 11:00 ] [ 編集 ]
商売だから
英国のCEBRというのは、投資の予想屋ですね。
韓国・北朝鮮は売りか買いかのフォーカスをやってるが、
買いがなくて売りだけでは商売になりませんから。
[ 2018/12/27 13:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp