韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国EV用バッテリー企業が死活賭けた「投資戦争」

韓国EV用バッテリー企業が死活賭けた「投資戦争」

26日の業界によると韓国の電気自動車バッテリー最大手のLG化学が今年発表したバッテリー投資金額は3兆ウォン(約2947億円)に達する。

LG化学は10月に中国・南京で電気自動車バッテリー第2工場起工式を開いた。2023年までに20億ドル(約2213億円)をかけて年間32ギガワット時の生産能力を確保する計画だ。一度の充電で320キロメートルを走れる高性能電気自動車50万台分に相当する規模だ。先月28日にはポーランドのバッテリー工場増設のため6513億ウォンを現金出資した。年間6ギガワット時のポーランド工場の生産能力を15ギガワット時まで増やす方針だ。

LG化学は韓国、米国、中国、ポーランドでバッテリーを生産している。業界ではLG化学が電気自動車バッテリー市場での主導権を固めるために来年にも大規模投資に出るとみている。LG化学関係者は「現在34ギガワット時である電気自動車用バッテリー生産能力を2020年末までに110ギガワット時に増やす計画」と説明した。

スポンサードリンク
サムスンSDIも電気自動車バッテリー分野の投資を拡大している。中国・西安に中大型バッテリー工場を稼動しているサムスンSDIは第2工場新設を検討中だという。既存の工場では電気自動車3万台に供給できるバッテリーを生産している。中国現地メディアと業界では第2工場の投資額は1兆ウォン台に達するとみている。サムスンSDIはこれに先立ち米ミシガン州の電気自動車バッテリーパック工場に6000万ドル規模の増設を決めた。サムスンSDI関係者は「市場の状況を見て西安バッテリー工場の増設を検討している」と説明した。
https://japanese.joins.com/

リチウムイオン電池(LIB)産業では中国が圧倒的優位な立場を築きつつある。米国には良くも悪くも話題性のあるテスラがあるが、LIB世界市場の規模からすれば、LIB産業の中国優勢は変わらない。2017年に出荷量でパナソニックを抜き、世界首位に躍り出た中国・寧徳時代新能源科技(CATL)の躍進は著しい。 一方で中国の中小型バッテリー会社の破産・廃業も相次いでいる。中国自動車技術研究センターによると、今年、中国電気自動車バッテリー企業の約30%が廃業した。

技術力で上回る韓国・日本産バッテリーを搭載した電気自動車は補助金支給対象から除外し自国企業を保護した。中国の電気自動車価格のうち補助金が占める割合は約半分。補助金を受けることができない電気自動車は消費者価格が高くなり、事実上、中国で価格競争力を失った。一方、技術力を確保した大企業はシェアが大幅に増えた。実際、中国バッテリー上位2社(CATL、BYD)は中国内の電気自動車用リチウムイオンバッテリー市場シェアを1年間で20%高めた。 また韓国企業は時期を待ちながら競争力を強化している。

関連記事

[ 2018年12月27日 12:32 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
今はみないく
欧州は電池産業を育てないで、ガソリン車・ディーゼル車の
廃止を決めたから、電池市場がアジアメーカーの草刈場になる。
中国メーカーも、韓国メーカーもみんな行く。
供給過剰になれば価格を買い叩くという戦略か。
[ 2018/12/27 23:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp