韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  2018年はサムスン終わった感が隠し切れなくなった1年

2018年はサムスン終わった感が隠し切れなくなった1年

P&Gを抜いて世界一の広告主になったサムスン(Samsung)。今年はいくら宣伝しても上昇気流に乗り切れない1年となりました。期待がかかる折りたためるスマホも、まさかの20万円超えで、早くも「誰が買うんだ?」と言われてます。果たして起死回生のチャンスは訪れるのか? 停滞の1年を振り返ります。

失速が著しいのが中国市場です。絶頂期には2割のシェアを誇ったサムスンスマホ。それが今や中国メーカーの躍進でコンマ以下までシェアが落ち込み、ここ2年は売れ筋トップ10に1機種もランクインできない低空飛行が続いています。8月にiPhoneを抜いたファーウェイ(Huawei)のリチャード・ユーCEOには、「2019年にはスマートフォン市場シェア世界1位の王座をサムスンから奪える」と宣言されてしまいました。 中国でさっぱり売れなくなったサムスン。今年も低迷が続き、中国2拠点のうち天津工場は今月いっぱいでスマホ製造終了が決まった。

スマホは少しでも弱点克服・武器強化を怠ると追い越されてしまう競争の激しい世界なのに、今のサムスンはそのどちらもうまくいっていない印象です。それが目に見えるかたちで出てしまったのが今年のGalaxy S9でした。

スポンサードリンク
あまりにも微妙なマイナーチェンジで、毎年機種替えしている人も今回は見送ってしまったのではないでしょうか。「Qualcomm Snapdragon 845を搭載した初のスマホ、画面最強」で初速はあったんですが、あっという間に追いつかれて、後に残ったのは…
●背面が広角と望遠のデュアルカメラ(スマホでは初) ●ベゼルレスに近い ●AR絵文字
ということぐらい。飛びつく材料としては弱すぎます。自分はカメラが好きなので買ってみたんですが、写真は期待したほどじゃなかったです。AR絵文字も単にBitmojiのパクリの劣化版だし、そもそもデザインになんの新しさも感じません。あんなにとんがっていたGalaxy S5時代のサムスンはどこに消えてしまったのか…。
http://news.livedoor.com/

長文なので続きは上記アドレスからご覧ください。
サムスンスマホが持てはやされて、企業が拡大し、スマホ事業で大成功と言うように思われていたわけですが、今の半導体利益とスマホ事業の利益を考慮すれば、そもそもスマホが売れたのはほんの一時期だけでしかない。莫大な販管費をかけて、宣伝しても売れないスマホと化しているわけで、数量シェア世界一と言いながらも、低価格スマホを東アジアでばらまいて、数だけのシェア確保に必死だったという事です。 次第にサムスンの経営状況が明るみになり始めた感があります。

関連記事

[ 2018年12月27日 18:22 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp